あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

利根川の歩きを体感しながら、天候次第で富士山、筑波山、赤城山、日光連山


いきいき茨城ゆめ国体 五霞町ウオーキング プレ大会

 

スタート地点の様子

地元の小学生に見送られ、ウオーキングに出発

史跡を説明する中学生ボランティア

史跡を説明する中学生ボランティア

 

9月22日午前9時から午後4時まで、茨城県五霞町で来年開催の茨城国体を成功させるため「いきいき茨城ゆめ国体 五霞町ウオーキング プレ大会」が開かれました。五霞町国体実行委員会が主催、五霞町B&G海洋センターが事務局を担いました。参加者は県内全域や近隣県から約130人が集まり、約6割は五霞町内からでした。ご年配が多く、一方スポーツ少年団の団体参加もいました。

 

くもりのち晴れの好天、ウオーキングコースは10kmと17kmの2コースで、どちらも五霞町内の歴史ある史跡を見学できる「歴史探訪コース」でした。また利根川の河川敷からは天候が良ければ、富士山や筑波山、赤城山、日光連山も見渡すことができ、ゴールした後は町内の企業や団体から“おもてなし”も。

 

おもてなしブースでは、豚汁やごはん、飲み物などが提供されました。1日かけて五霞町を歩いた後だったので、おいしいと喜んでいました。

 

五霞町のマスコットキャラクターの、ごかりんと一緒に!

記念撮影する参加者、ウオーキングが終わった参加者は写真付参加証が発行される

ウオーキングの後、おもてなし。キューピー(株)五霞工場からの試供品をいただく

ウオーキングの後、おもてなし。キューピー(株)五霞工場からの試供品をいただく

 

参加した男性は「スタッフの対応が素晴らしい。来年が楽しみです」、小学5年の男児は「知らない町を歩くことができて楽しかった。今年は10kmコースに参加し、歩き切れるか不安だったが完歩できたので、来年は17kmコースにしたい」と楽しく歩けて自信がついたようです。

 

中央は五霞町のマスコットキャラクター「ごかりん」。写真左の茨城国体のマスコットキャラクター「いばラッキー」と「アンドリー君」の貴重な3ショット

中央は五霞町のマスコットキャラクター「ごかりん」。写真左の茨城国体のマスコットキャラクター「いばラッキー」と「アンドリー君」の貴重な3ショット

 

レポーターの日原悠吾さんは、来年を見据えて次のように述べました。

地元の企業や団体と協力し、協賛品や五霞町をPRできる物を数多く集めて、参加者にPRしました。このウオーキングを通して五霞町を知ってもらうことができたら、良い大会になると思います。また本番は来年なので、今年のプレ大会で分かった各部門の反省点や改善点を洗い出し、来年の大会につなげていきたいと思います。

 

B&Gレポーター 五霞町B&G海洋センター・日原 悠吾


あなたへのオススメ記事

オープニングイベントの空手演舞。センターに練習に来ている子どもたちが披露してくれました!
子どもから高齢者まで800名が参加 体育の日に各種スポーツを体験 「瀬戸内市スポーツフェスティバル2019」
今年度配備の救助艇が水難救助に活躍 日頃の活動や「水辺の安全教室」のノウハウで人命を救う
大きいタライに移して、さつき沼に生息する生物を観察しました
自然環境保護・沼の生態系学習とともに水辺の安全を指導 ザリガニ釣り体験
指導員が漕ぎ方を説明
障がいの有無にかかわらず自然体験活動が行える環境を マリンスポーツ体験会
Cクラスレース風景
過去最多エントリーで白熱のレース 第15回坊ちゃんカップヨット大会
競技風景。アスリートたちがいい泳ぎを見せてくれました!
スペシャルオリンピックス日本・島根競泳競技会 アスリート、地域ボランティアで作り上げたインクルーシブな大会!