あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

実力発揮は至難!ムツゴロウのガタリンピック~道の駅「鹿島」で開く


自然体験事業『ネイチャー』第4回干潟体験

南島原市西有家B&G海洋センター

 

 

 

頭から足先まで泥だらけの子供たち、もう誰が誰だか分からなくなるような状態。

 

南島原市西有家B&G海洋センターは9月22日、佐賀県鹿島市の道の駅「鹿島」で、ムツゴロウになりきって潟スキー競争や潟上綱引きなどのガタリンピック競技を行いました。道の駅は広大な有明海に面した国道207号沿いにあります。南島原市の小学校から55人が参加しました。

 

泥の中での綱引きの様子

潟上綱引き

「ムツゴロウになりきります」

「ムツゴロウになりきります」

 

子供たちの健やかな成長を願い、自然に触れ合う体験事業を通して、郷土を愛する心を育む自然体験事業「ネイチャー」第4回、干潟体験として開かれました。一年を通して月に一回、そのときにしかできない自然体験を行うもので、9月のネイチャーは干潟体験。

 

優秀な成績を収めた児童には表彰もあり、干潟での活動を楽しみながら干潟の役割などを学びました。まさに「ミニ運動会」のようなガタリンピック。子供たちも精一杯競技に参加し、保護者も懸命に応援をしてとても盛り上がりました。頭から足先まで泥だらけの子供たちは、誰が誰やらの状態でした。

 

動く銅像?

動く銅像?

 

干潟は足が取られやすく、走るのもなかなか一苦労で、陸上で足が早い遅いに関係なくなるため、順位は入れ替わります。観戦も競技しているほうもとても面白い、展開でした。

 

参加者は「バス旅行的要素もあり楽しかった様子でした、また参加したい」、「高学年に走って勝ててうれしかった。運動場とは違って走りにくかったけれど、干潟の中は暖かかった」、「泥にまみれた子供が銅像のようで、面白かった」と話しました。

 

「うちの子どこかしら…泥だらけで分かりにくいなあ」

「うちの子どこかしら…泥だらけで分かりにくいなあ」

 

レポーターの小関あゆさんは「一生懸命競技に取り組んだり、お友達を応援したりする子供たちの様子にとても感動しました。普段走るのが苦手な子も、干潟では意外な才能を発揮したり、とても充実した一日になりました」と率直な感想を述べました。

 

B&Gレポーター 南島原市西有家B&G海洋センター・小関 あゆ

 


あなたへのオススメ記事

右から香美町香住B&G海洋センターの中村智彦さん、駒居庸民さん、利用者の安田茂さん、橋本和子さん
海洋センター職員らが人命救助!地元消防本部より感謝状を頂きました
日本の伝統行事とスポーツチャンバラがコラボレーション 毎年恒例の節分行事「節分に鬼退治」
有志団体「もちつき隊」を招いてのもちつき大会
宍粟市で恒例となった「もちつき大会」! さまざまな催し事で、大人も子どもも大盛り上がり
11人の目は目の前の2枚に…どっち?こっち?緊張で思わずみんな正座に
カルタに宝探し 周囲に目を走らせ、身を躍らせた新春の子ども達 宝探しとでっかいカルタ大会
キャップで作った「たこ焼き」を割りばしでひっくり返します。予想以上に手ごわい!
2019年末大感謝祭
チームで対戦中です
「フェンシングのまち」で、子供たちが手軽にフェンシングを疑似体験 戸田B&G海洋センターフェンシング体験塾