あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

雨天でも250人参加!地元小学生と地域がひとつに


津民校区(つたみこうく)ふれあい大運動会

~中津市耶馬溪B&G海洋センター体育館

 

盛り上がった玉入れ

盛り上がった玉入れ

女の子と男の子の二人が大きなボールをもって疾走中!

大玉ころがし

 

9月9日、午前9時から午後3時まで大分県の中津市耶馬溪B&G海洋センター体育館で、中津市立津民小学校の児童と地域の方々の交流を図る「津民校区(つたみこうく)ふれあい大運動会」を開催しました。来賓として中津市の廣畑功教育長など関係者が出席しました。天候は雨でしたが、耶馬溪町内の小学生や中津市立三郷小学校の児童の250が参加しました。

 

地元である津民小学校の運動会ですが、地域との交流を目的として津民校区はもちろん、校区外からの参加もあり、大変な盛り上がりでした。どの競技も津民小学校の児童を中心に盛り上がりを見せて、津民小学校と津民地区が心を一つにして頑張りました。雨天でも200人を超える参加者に、驚いたのが正直なところでした。

 

ソーラン節を踊った子供たち。みんなおそろいのハッピを着て、大漁旗をもってポーズをキメています。カッコイイ!

ソーラン節

 

参加者は「リレーで負けないように頑張った」、「雨にも関わらず、地域の皆さんが来てくれてとてもうれしかった。玉入れが楽しかった」、「玉入れで頑張り、自分のチームが勝ってうれしかった」、「応援の時、地域の皆さんの大きな声援がうれしかった」、「運動会では優勝できてうれしかった。来年も地域の皆さんと一緒に参加したい」と答え、うれしいづくめで地域の絆となっているようです。

 

5人の子どもたちが一輪車に乗って手をつないで走行中。上手です!

津民小学校児童の一輪車走行

 

レポーターの山下恭平さんは「雨天にも関わらず、多くの方が大運動会に参加して、驚くとともにとてもうれしかった。当日は玉入れやソーラン節が大いに盛り上がった。今後もこのような取り組みを企画して地域振興に貢献したい」と、手ごたえをかみ締めていました。

 

中津市耶馬溪B&G海洋センター・山下恭平さん近影

 

 

 

B&Gレポーター 中津市耶馬溪B&G海洋センター・山下 恭平


あなたへのオススメ記事

オープニングイベントの空手演舞。センターに練習に来ている子どもたちが披露してくれました!
子どもから高齢者まで800名が参加 体育の日に各種スポーツを体験 「瀬戸内市スポーツフェスティバル2019」
今年度配備の救助艇が水難救助に活躍 日頃の活動や「水辺の安全教室」のノウハウで人命を救う
大きいタライに移して、さつき沼に生息する生物を観察しました
自然環境保護・沼の生態系学習とともに水辺の安全を指導 ザリガニ釣り体験
指導員が漕ぎ方を説明
障がいの有無にかかわらず自然体験活動が行える環境を マリンスポーツ体験会
Cクラスレース風景
過去最多エントリーで白熱のレース 第15回坊ちゃんカップヨット大会
競技風景。アスリートたちがいい泳ぎを見せてくれました!
スペシャルオリンピックス日本・島根競泳競技会 アスリート、地域ボランティアで作り上げたインクルーシブな大会!