あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

そうめんは想定外?マリンスポーツはそう快に!


自然体験事業「ネイチャー」第3回 マリンデイキャンプ

 

ローボートに乗っている父と息子二人。楽しそうです

父子とローボート

SUPを楽しむママたち

ママたちも、夏をエンジョイ

 

8月25日、長崎県南島原市の加津佐B&G海洋センター艇庫前の前浜海水浴場で、自然体験事業『ネイチャー』第3回マリンデイキャンプを開きました。子供たちの健やかな成長を願い、南島原市の自然に触れ合う体験事業を通して、郷土を愛する心を育むもので、南島原市の小学校に通学している55人が参加しました。

 

一年を通して月に一回、そのときにしかできない自然体験を行う事業で、8月のネイチャーはマリンデイキャンプでした。夏休み最後の思い出作りに、多くの保護者も参加しました。カヌー、ヨット、サップ(SUP=スタンドアップパドルボード)などのマリンスポーツを楽しんだ後は、南島原市の名産品であるそうめんをゆでて、流しそうめんにしていただきました。

 

当日は、まさかのガス故障。2台のうち1台が不具合でゆでられない危機に直面しました。何とか1台でゆでたものの火力は弱く、固い麺にしあがりました(笑)。ご愛嬌ということで、みんなでおいしくいただきました。

 

流しそうめんを食べる男の子

そうめんが一番好きな食べ物?

流しそうめんが流れてくる、ながい竹の周りで、流れてくるそうめんを待ち受ける子供たち

みんなで並んでハイチーズ

 

サップなどでは、保護者よりもスイスイ乗る高学年の子供たち。サップにはまったお母さんは自費でボードを買うまでに…。笑いが耐えない楽しい一日になりました。

 

参加者は次のように、それぞれの楽しみ方を語っていました。

「今回は、家族全員で参加しました。夏休みの宿題も、この日を楽しみにしていたので、しっかり終わらせて参加させることができました」

 

「マリンスポーツを通して、教えあったり遊んだりすることで、同じ小学校だけでなく南島原市内のさまざまな小学生のお友達ができてうれしそうでした」

 

「楽しかった。いい思い出ができたので、また来年も来たい」

 

小関あゆレポーターは「子供たちのあふれる笑顔に見ていると、こちらまで幸せな気持ちになりました。少しこつを教えるだけで、どんどんうまくなる子供たちにとても驚き、高学年が低学年のお世話をしている姿を見て、感心しました」と述べ、指導者も驚きを隠せません。

 

B&Gレポーター 南島原市西有家B&G海洋センター・小関 あゆ


あなたへのオススメ記事

オープニングイベントの空手演舞。センターに練習に来ている子どもたちが披露してくれました!
子どもから高齢者まで800名が参加 体育の日に各種スポーツを体験 「瀬戸内市スポーツフェスティバル2019」
今年度配備の救助艇が水難救助に活躍 日頃の活動や「水辺の安全教室」のノウハウで人命を救う
大きいタライに移して、さつき沼に生息する生物を観察しました
自然環境保護・沼の生態系学習とともに水辺の安全を指導 ザリガニ釣り体験
指導員が漕ぎ方を説明
障がいの有無にかかわらず自然体験活動が行える環境を マリンスポーツ体験会
Cクラスレース風景
過去最多エントリーで白熱のレース 第15回坊ちゃんカップヨット大会
競技風景。アスリートたちがいい泳ぎを見せてくれました!
スペシャルオリンピックス日本・島根競泳競技会 アスリート、地域ボランティアで作り上げたインクルーシブな大会!