あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

「できるようになりうれしい」それぞれの目標達成へ!逆上がり教室


津山市加茂B&G海洋センターがコツを指導

 

逆上がりの練習に励む子供たち

鉄棒の後ろに分厚いマットを壁のように置いて、逆上がりするのに足で登るようにして身体を持ち上げられるように補助

マットで坂道を作り練習

 

「体を動かすことが好きでも苦手でも、楽しく元気に体を動かしてみましょう」。津山市加茂町スポーツセンターは、10月3日から10月24日まで毎週水曜日の計4回、午後6時から40分間、体操練習場で逆上がり教室を開きました。

 

津山市加茂海洋センターから指導者を派遣して、逆上がりのコツを指導しました。参加した津山市加茂小学校の1年生から3年生までの8人は、できなかったことのコツをつかむことができて自信につながったようです。

子供たちの能力に応じた指導を行い、全力でサポート・アドバイスをしました。運動に親しむきっかけ作りとして、逆上がりの基本を楽しみながら学びました。逆上がりのやり方を説明して、それぞれのレベルに分かれて練習をしました。

 

まったくできない子供はマットで坂道を使って、ポイントがつかめていない子はひもを腰に当て、鉄棒にくくりつけました。あと少しでできそうな子は補助器具なしで、それぞれ練習をしました。回数を重ねるごとにみんな力もついていき、コツもつかんですごく上達しました。

 

何の補助もなしでできるようになった子ども

コツはつかめたかな?

 

参加者は「できるようになってうれしかった」、「教えてもらったことを思い出して、また練習しようと思う」、「楽しかった」と率直な感想を述べました。一方で、難しかったと漏らす子もいました。

 

岡未来レポーターは、逆上がり教室を開催してよかったと振り返り「一人でできるようになった子も、補助器具を使ってできるようになった子も、それぞれの目標を達成することができてうれしく思いました。今年で2年目の教室を、これからも続けていきたい」と述べました。

 

B&Gレポーター 津山市加茂B&G海洋センター・岡 未来


あなたへのオススメ記事

ルーシーダットンはタイに伝わる健康法
独自の呼吸法で血流上げ、仙人のような?!しなやかな体に
ルーシーダットン教室
ゲームを使用して運動しているところ
“eスポーツ” 次世代型運動プログラムをゲームで代行 不思議な一体感
家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室
優勝チームの記念撮影
ママさんバレーを生涯スポーツへ 9人制・男女混合も出場
第2回B&G財団会長杯争奪ファミリーバレーボール大会
みんなで腰掛けキック
園児と小学生115人 できる喜びと楽しさを感じてほしい 小坂井水泳教室
ロープワーク講習では、徳島県B&G地域海洋センター連絡協議会の指導者3人が講師となった
全員参加型、三世代でロープワークから障がい者スポーツ体験まで
那賀よしフェスティバル2019
ドッジボール競技中、日々の練習成果を発揮するよう頑張る
児童数が少ない状況でも誰もが参加できるドッジボール
第30回B&G会長杯蔵王町民スポーツ交流大会