あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

日本で唯一! 砂浜で行う草競馬大会


~第40回「さがら草競馬大会」に、サラブレッドやポニーが大集合! ~

静岡県牧之原市では、40年前から市内の「さがらサンビーチ」において、砂浜を周回する日本で唯一の草競馬大会を行っています。今年の4月24日に開催された第40回大会のポスターが「まちレポ【中部版】」 に投稿されたので、大会の様子を主催者の牧之原市観光協会にお聞きしました。

まちレポ【中部版】に投稿されたポスター。どんなイベントなのか興味をひかれます

まちレポ【中部版】に投稿されたポスター。どんなイベントなのか興味をひかれます

事の始まりは馬の海水浴!

 駿河湾に面した静岡県牧之原市には静波海岸「さがらサンビーチ」が広がっており、海水浴客やサーファーで賑わっていますが、どんなことがきかっけで砂浜を走る草競馬が行われるようになったのでしょうか。同市観光協会に話を聞いてみると、なんとも意外な答えが返ってきました。

「地元の民宿のご主人が飼っていた馬が脚にケガをした際、『馬のリハビリには海水が良い』と人から言われ、愛馬に海水浴をさせるようになりました。すると、各地からケガをした馬がやってくるようになり、やがてリハビリを終えた馬たちを馬主さんたちが砂浜で走らせるようになりました」

 

砂煙をあげて走る馬を間近で見ることができます

砂煙をあげて走る馬を間近で見ることができます

それが砂浜で行う草競馬としてイベント化していったそうですが、多くの観客を集めるようになった秘訣は、砂浜に設けられる手作りの観客席から間近に競走馬を見ることができる臨場感です。サラブレッドだけではなく、可愛いポニーのレースや、ちびっ子たちが馬の被り物を身に付けて競走する「人間草競馬」などもあって、会場は大いに盛り上がります。

ポニーのレースもあり、子供たちを乗せる乗馬体験会も行います

ポニーのレースもあり、子供たちを乗せる乗馬体験会も行います

がんばれ!がんばれ!「人間草競馬」にも声援が飛び交います

がんばれ!がんばれ!「人間草競馬」にも声援が飛び交います

宝探しゲームもあり、家族ぐるみで休日を楽しむことができます

宝探しゲームもあり、家族ぐるみで休日を楽しむことができます

シーバード相良も参加!

大会当日には、地元の特産品を扱う「田沼の市」をはじめ多くの露店が並ぶので、「食べる」楽しさも加わるほか、市内上空を一周するヘリコプターの遊覧飛行も人気を集めます。

また、今年は日本財団などが組織する「シーバードジャパンプロジェクト」によって全国各地に立ち上げられている、水上バイクを活用した民間水上レスキュー組織「シーバード相良」による水上バイクの無料体験乗船も行われました。

当日にはさまざまなイベントが企画され、市内上空を遊覧飛行するヘリコプター(有料)に乗ることもできます

当日にはさまざまなイベントが企画され、市内上空を遊覧飛行するヘリコプター(有料)に乗ることもできます

 抽選で10人限定となりましたが、今年は水上バイクの体験乗船会も行って人気を集めました

抽選で10人限定となりましたが、今年は水上バイクの体験乗船会も行って人気を集めました

シーバード相良のスタッフに話をお聞きすると、「体験乗船会は初めての試みだったので、安全を配慮して抽選で10人に限らせていただきましたが、大人気でした。また、陸上にブースも出させていただき、水上バイクやライフジャケットを展示して安全啓蒙に努めましたが、多くの人が見学にやってきて海の安全に対する関心の高さがうかがえました」と語っていました。

これからは、砂浜では草競馬、海上では水上バイクと、ダブルでイベントを楽しむ人が増えそうです。


ホームページ 牧之原市観光協会

あなたへのオススメ記事

けのびの完成。あとは息継ぎを覚えれば泳げます
いくつになっても泳ぎたい、「はじめてスイム」を毎週開催
「コロナにメン!ドウ!コテ!」各地の海洋センターで新春剣道教室開催
親子でハイハイの競争。運動不足だというお母さんは必死です
畳のうえで楽しく運動とルールを学ぶ 安芸高田市で「たたみほいくえん」開催中
「“ねばったなっとう いただきま~す”の『ね』」!「はいっ!」と元気な声が響きます
今年も新春恒例「宝探しとでっかいカルタ大会」を開催 会場では元気に走りまわる子どもたちの声が響きわたりました
「これで勝てば優勝!」と、アタックにも力が入ります
コロナ禍を吹き飛ばすくらいの白熱した名勝負が続々! 恒例の「親子バレーボール大会」が今年も開催
top
自然に触れ合いものづくり 南島原市で「秋・冬の自然体験『海ノート・山ノート』」開催