あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

平日活用へ初イベント。要望に応えて来年も!サップヨガ


可児市B&G海洋センター プール

2018年7月3日(火)、7月9日(月)、7月10日(火)

 

プールの中にSUPを浮かべてその上でヨガのポーズに挑戦している参加者の皆さん

ポーズをとるのが難しい

 

平日における施設の有効利用を目的に、市民の皆様に施設認知度の向上と健康増進と運動する場を提供するため可児市B&G海洋センターで、「サップヨガ」を開きました。

 

7月3日は午後1時から2時までと午後2時30分から3時30分までの2回、9日2回、10日3回開かれ、1時間ずつ行われました。参加者は42人でした。

本来は海や湖など大自然の中で行うのが多い「サップヨガ」ですが、天候などに左右されず、安全なプールでサップヨガが体験できました。まだ珍しい「サップヨガ」を体験できるのは、岐阜県内でも可児市B&G海洋センターだけ!

 

参加者全員が、初体験となったイベントでした。サップ(SUP=スタンドアップパドルボード)に乗るのにも苦労し、水上の大変不安定なボードの上でポーズをとるだけでも難しく、皆さん「キャーキャー」とても楽しそうでした。プール内なので、落水しても安全に行うことができました。

 

SUPを囲んで皆さんでポーズを決めて記念撮影

みんなで記念写真

 

予約段階から、注目度が高くたくさんの問い合わせがありました。参加者から「とても楽しかった」、「また参加したい」などたくさんの喜びの声をいただきました。また、今後定期スクールとして開講してほしいなどの声ありました。

 

最初はボードに乗るところから。バランスをとりつつ、頑張っている皆さんの画像

最初はボードに乗るところから始めた

 

こうした要望に成田聖治レポーターは、「可児市では初のイベントとなりました。参加者も、とても楽しく参加していただけたと思います。『もっと開催してほしい』、『定期スクールで行ってほしい』などの声も数多くありました。次回は来年行う予定ですが、もう少し本数などを多くしたいと思います」と前向きです。

 

narita_seiji

 

 

 

B&Gレポーター 可児市B&G海洋センター・成田 聖治


あなたへのオススメ記事

右から香美町香住B&G海洋センターの中村智彦さん、駒居庸民さん、利用者の安田茂さん、橋本和子さん
海洋センター職員らが人命救助!地元消防本部より感謝状を頂きました
日本の伝統行事とスポーツチャンバラがコラボレーション 毎年恒例の節分行事「節分に鬼退治」
有志団体「もちつき隊」を招いてのもちつき大会
宍粟市で恒例となった「もちつき大会」! さまざまな催し事で、大人も子どもも大盛り上がり
11人の目は目の前の2枚に…どっち?こっち?緊張で思わずみんな正座に
カルタに宝探し 周囲に目を走らせ、身を躍らせた新春の子ども達 宝探しとでっかいカルタ大会
キャップで作った「たこ焼き」を割りばしでひっくり返します。予想以上に手ごわい!
2019年末大感謝祭
チームで対戦中です
「フェンシングのまち」で、子供たちが手軽にフェンシングを疑似体験 戸田B&G海洋センターフェンシング体験塾