あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

潮に恵まれ約3キロを1時間20分で!平成30年度「海の日」記念 第34回海の子カーニバル遠泳


「海のまち阿久根」の伝統行事を学ぶ

2018年7月16日(月)午前8時30分から午後零時30分

 

阿久根大島を出発する前、選手全員で「エイ・エイ・オー」で気合い入れる

阿久根大島を出発する前、選手全員で「エイ・エイ・オー」で気合い入れる

出発前やゴール後などにバディコールを行ったが、ゴールした後の最後のバディコール

出発前やゴール後などにバディコールを行ったが、ゴールした後の最後のバディコール

 

7月16日、阿久根市B&G海洋センター艇庫と阿久根大島で、平成30年度「海の日」記念の第34回海の子カーニバル遠泳を開催しました。参加者は海洋センターが小学2年から6年生を対象に主催している「チャレンジアップスイミング」と広報誌の募集で集まった28人でした。小学3年生から6年生まで26人と中学2年生と3年生の2人。西平良将阿久根市長などが来賓として出席しました。

 

阿久根市の沖合にある無人島「阿久根大島」にはフェリーで渡り、そこから本土の阿久根市B&G海洋センター艇庫まで約3kmを泳ぎました。「海の日」を記念して、海洋スポーツ・遠泳を通して、海の持つたくましさを身をもって体験し、海に親しみながら心身を鍛え青少年の健全育成を目指し、「海のまち阿久根」の伝統行事を学びました。

 

伴走したカヌーから撮

伴走したカヌーから撮影

開会式で選手宣誓

開会式で選手宣誓

 

6月末に海洋センタープールで泳力テストを行い、その後、B&G艇庫前海岸で6月30日から7月15日まで悪天候で中止もありましたが、毎日練習を行いました。

 

当日は晴れで、地球温暖化の影響からか、例年よりクラゲが多く、参加児童は泳ぐ前から刺されるのではないかと怯えていました。例年になく潮の流れに恵まれ、昨年2時間10分のところ1時間20分で泳ぎ切りました。

 

参加者は「泳ぎ始めた時はすごく遠いと思ったが、到着が早く思ったよりも近く感じた」、「クラゲに刺されたが楽しく泳げた」、「練習とするとペースが速い気がして、付いていくのがきつかった。ただ横に指導者の先生がいて心強かった」と述べ、やり遂げて自信もついたようです。

 

全員で集合写真

全員で集合写真

 

落俊輔レポーターは「悪天候が続き、例年より練習ができない日が多く、不安が大きかった。皆が無事に完泳することができて、一安心だった。子供たちも泳力がある、自信がない、海が怖いなどさまざまで、練習を乗り越えて、泳ぎ切る姿には感動をさせられる」と述べて、練習の大事さをかみしめていました。

 

B&Gレポーター 阿久根市B&G海洋センター・落 俊輔


あなたへのオススメ記事

服を着たままプールに入る
自分の命は自分で守る!そのために教室続ける「水辺の安全教室」プログラム(着衣泳)
オフィシャルお立ち台に立つ三人の男児
過酷な競技で感動共有!第24回 オールジャパンジュニアトライアスロンin伯耆
カヌー出艇前、早く出艇したくてウズウズ
プールでカヌーの乗り方、パドル操作を学び、いつか琵琶湖へ
剣道デモンストレーション(吉永剣道スポーツ少年団)
真上で繰り広げられる花火!大迫力の特等席~吉永町サマーフェスティバル
すっかり慣れて、オールの扱いもさまになっています。
未経験の子供たちにカヌーの楽しさ知ってもらおう!夏休みカヌー教室
SUPヨガスタート。片膝立てて、両手を挙げます
初めての感覚にワクワク!!水に浮かんで、なんと!ヨガ