あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

身障者もシーカヤックに挑戦!みんなで共に水を満喫


海洋性スポーツ学び塾  高松市国分寺B&G海洋センター

2018年6月17日(日)午前10時~正午/午後2時~4時の2回

 

初めて乗るヨットながら、快調にセーリングしている様子の画像

初めて乗るヨット。とても初体験には見えませんが…

 

未経験者にはやや敷居が高い?と思われがちな海洋性スポーツの楽しさを実感してもらおうと、香川県の高松市国分寺B&G海洋センターは6月17日、カヌーとヨットの乗り方を教える「海洋性スポーツ学び塾」を海洋センター艇庫で開催しました。

 

小学校4年生以上を対象に午前・午後と2回設けたこの講習会には、小中学生13人のほか身体障害者が初挑戦するなど合計30人が参加。未経験者でも短時間の指導でめきめきと腕を上げ、終了間際にはヨットやカヌーに悠々と乗りこなす姿が印象的でした。

 

川の上をカヌーに乗って漕いでいる様子

自然の中でのヨットは最高

 

このイベントは、高松市スポーツ協会が主催し、高松市国分寺B&G海洋センターが運営主体となって開催したものです。昨年までは、小規模なカヌー教室の形式でしたが、今年から指導対象にヨットも加え「学び塾」の名をつけて大々的に行うことにしました。

 

参加者は、まったくの初心者からヨットにもカヌーにもすでに難なく乗りこなせる熟練者までさまざま。このため、スキルに応じた指導が必要となり、使用する艇の種類や教え方を変えるなど、各所に工夫を凝らしました。また、年齢層も10代から60代までと幅広いことから、指導ポイントにも柔軟な対応が必要です。

ただ、一番重要なのは、すべての参加者に楽しみながら上達してもらい、海洋性スポーツを好きになってもらうこと。この点に尽きると考えて取り組みました。

 

広々とした景色の中をヨットで進む画像。遠くには山を望む

山の端にヨットのセール先がかかり、「いとをかし」

 

また、この日は下半身に障害を持つ方が参加されました。

障害者がこうした水上スポーツイベントに挑戦されるのは珍しく、主催者側も少々緊張しながら出迎えました。初めてカヌーに乗るということで、安定感のあるシーカヤックを準備して、身体が安定するようライフジャケットを足腰周りに敷き詰めるなど万全の体制でスタート。

 

最初は当然不安げでしたが、2時間の体験時間内でパドルでもスムーズに漕げるようになり、艇のバランスも取りながら上手に乗れるようになっていただけました。「表情を見ても楽しんでいただいているのが分かり、私たちにとっても勉強になりました」と話すレポーターの中西さんの表情も緩みます。

 

楽しそうに一人でカヌーに乗っている笑顔の女性

一人でカヌーに挑戦するご婦人

 

参加者からは、「カヌーに来ることをいつも楽しみにしています」(経験者の保護者)と、常連さんの嬉しい言葉や「カヌーやヨットを通して自信がついたり、お友達ができたり、思いっきり笑ったり、とても楽しい経験をさせて頂いて感謝しています」(初めて参加した児童の保護者)など、多数の温かいコメントをいただきました。

 

また、「とても楽しく参加できました。他の教室にも参加してみたいです」と、参加者の興味の幅を広げることにもつながりました。

 

1人用のカヌーに乗った6人の人々が川面に浮かぶ

みんなでカヌー。楽しかったひととき

カヌーで悠然と前進。パドルさばきも鮮やかな女性の画像

カヌーで悠然と前進。パドルさばきが鮮やか

 

イベントを通じて得るものがあるのは、参加者だけではありません。指導担当者やレポーターも感動や達成感を享受しているのです。

 

中西さんは「カヌーの楽しさを知ってくれている子供たちは何度も教室に参加してくれるようになりました。今回、初めて経験するヨットにも興味津々で、乗る前からとても嬉しそうでした。教室の時間帯は風が強かったのですが、自然の風を受けながらボートが傾こうとするのを経験し、またその状態を立て直したり、時にはスピードを上げてみたり・・・。自然と一体となりながら気持ち良さそうにヨットに乗ったり、カヌーを自由自在に操ったりする姿が逞しくも感じられました」と嬉しそうに語っていました。「自然の中で子供たちの笑顔や笑い声を目の当たりにすると、私もとても幸せな時間を過ごせていると実感します」。

 

B&Gレポーター 高松市国分寺B&G海洋センター・中西 浩司


あなたへのオススメ記事

剣道デモンストレーション(吉永剣道スポーツ少年団)
真上で繰り広げられる花火!大迫力の特等席~吉永町サマーフェスティバル
すっかり慣れて、オールの扱いもさまになっています。
未経験の子供たちにカヌーの楽しさ知ってもらおう!夏休みカヌー教室
SUPヨガスタート。片膝立てて、両手を挙げます
初めての感覚にワクワク!!水に浮かんで、なんと!ヨガ
藍染液の入ったバットに、布を漬ける女の子
藍の生葉から、世界に一つしかないマイショールを! 藍染め体験
練習中の、阿瀬川和茉(あせがわ かずま)さん(高校3年)
【2018福井国体に出場します!】浜田市B&G三隅海洋クラブの阿瀬川和茉さん(高校3年)
参加者で記念撮影、こう見ると楽しく? 見える
【参加者募集】滝川でワンランク上の指導員へ!平成30年度北海道B&G指導員レベルアップ研修会