あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

【参加者募集】これであなたも滝川の“ものしり博士”?!たきがわDE調べる学習体験講座


日時:2018年7月31日(火) 午前9時から午後2時30分

場所:滝川市B&G海洋センター・川の科学館

 

今年も滝川市B&G海洋センターでは、6月から9月にかけて海洋レクリエーションの各種行事や教室、フェスティバルなどを予定しています。子供たちが安心して体験でき、夏休みには親子で絆を深められるものもあります。一度、滝川市B&G海洋センターに来てみませんか。

 

今年7月31日(火)には、郷土・滝川の歴史や風土などついて調べる「たきがわ DE 調べる学習体験講座」を開催します。模型を使っての学習や水上スポーツ体験などもあり、楽しみながら学べる講座です。終了後はあなたもきっと滝川の“ものしり博士”になっていること間違いなし。

昨年8月に開催された同事業の詳しい内容についても、別掲で紹介します。

 

子供たちが開設の担当者から模型を見ながら学んでいる画像

写真は昨年8月1日。石狩川の模型。クネクネしている川は、雨が降るとどうなるのか? 洪水で住んでいる人は? 治水事業工事とは何かを学習。模型は断然分かりやすい

 

【問い合わせ先】滝川市B&G海洋センター

〒073-0041  北海道滝川市西滝川10

TEL&FAX   0125-23-4194

 

《昨年の開催レポート》

始まりと終わりで顔つき変わる!たきかわ DE 調べる学習体験講座    

「川のものしり博士になろう!! ~いしかり川であそぼう!まなぼう!!~」

2018年8月1日(火)午前10時から午後2時30分

 

参加した子供たちと保護者の皆さんの集合写真

学習中の子供たちの画像。みんな真剣!

調べる学習。学習や体験で得たことを自分なりにまとめている。何から書こうか悩みながら、まとめていた

 

昨年8月1日午前10時から北海道滝川市の滝川地区地域防災施設(川の科学館)と滝川市B&G海洋センターで、初の 「たきかわ DE 調べる学習体験講座」が開催されました。

 

郷土・滝川についての調べ学習を推奨することで、地元の施設の良さを体感し、郷土愛を育んでもらう――。そして施設を活用した調べる学習を通して、実体験で味わう気づきや子供たちが主体的に学ぼうとする意欲を喚起させ、「滝川市立図書館を使った調べる学習コンクール地域コンクール」への参加拡大を図るために開かれました。滝川市立図書館が主催で、滝川市B&G海洋センターなどが協力し、空知管内から17人が参加しました。

 

図書館、海洋センター、川の科学館など各施設がタイアップすることで、各セクションを体験でき、セクションが違うことで新鮮な目線から教えることができます。この日の内容は

 

①石狩川の洪水や治水事業

②千分の1の石狩川を学習

③カヌー&水上バイク体験

④釣り体験

⑤学習したまとめ作業

 

でした。

 

魚釣り。ラウネ川にはどんな魚が?釣って確かめよう。一匹も釣れないかなと思った矢先、一本の竿に当たりが、その後どんどん釣れ始めた。ウグイとフナ、ハゼ科のヨシノボリ

魚釣り。ラウネ川にはどんな魚が?釣って確かめよう。一匹も釣れないかなと思った矢先、一本の竿に当たりが、その後どんどん釣れ始めた。ウグイとフナ、ハゼ科のヨシノボリ

 

参加者の感想 

石狩川、洪水、川を真っ直ぐにする工事のことが知れて良かった。(滝川市・小5男子)

カヌーは怖かったけど楽しかった。(滝川市・小2男子)

魚釣りで釣れて楽しかった。この魚持って帰っていいですか?(滝川市・小4男子)

水上バイクの体験でスピードが出ていて、すっごく楽しかった。(滝川市・小5男子)

調べたことを覚えていたが、まとめるときになると忘れてしまった。学習したことをまとめるのは難しい。(滝川市・小5男子)

親子で参加したが、滝川にこんな施設があることが知らなかった。体験して楽しかったので、また来たい。(滝川市・女性)

体験したことを調べると、奥が深くてもっともっと調べたくなった。(滝川市・女性)

 

1人乗りと2人乗りのカヌーを体験。滝川はグライダーが盛んと思われているが、カヌーも

1人乗りと2人乗りのカヌーを体験。滝川はグライダーが盛んと思われているが、カヌーも

屋外にある、模型を見ながら学習中の親子の画像

石狩川の千分の1の模型を使って学習。滝川はどこか、石狩川はどこから、どこに注ぎ込んでいるか

 

レポーターは「小学生の夏休みの自由研究や、市内の施設を知り郷土愛を育んでもらうために開催されました。石狩川について、水上スポーツやラウネ川について学習体験し、子供たちは始めと終わりの顔つきが変わっていました。今は、外で遊ぶことや自然体験することが減ってきているので、子供たちにとってとても良いことだと思いました」と述べました。

 

180509_takikawa07

 

 

 

B&Gレポーター 滝川市B&G海洋センター・鈴木 博之


あなたへのオススメ記事

大きな木に囲まれ自然と一体になる!神社で外ヨガ「ますますハマりそう」
強風の中で挑んだOPヨットの訓練
強風・白波の中でもOPヨットやカヌーに果敢に挑戦!「リーダー養成研修会」
親子で協力しながらテントを設営
大自然の中で最高の休息!「親と子のふれあいキャンプinくしもと」
乗馬を楽しむ少年。極上の笑顔がまぶしい。
自然と動物が和気の魅力!「カヌーで遊ぼう 馬と遊ぼう エンジョイin和気」
1人用のカヌーに乗った6人の人々が川面に浮かぶ
身障者もシーカヤックに挑戦!みんなで共に水を満喫
写真は昨年7月。カヌーの基本操作を学んだ子供。カヌーを近づけるのは、なかなか難しかったよう
【参加者募集】B&Gでカヌー技能検定に挑戦してみませんか!!夏休みカヌー教室