あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

子供は遊びのスペシャリスト!RAC(レクリエーション・アフターズ・クラブ)


御宿町B&G海洋センターがサポート!

2018年4月26日(木)から毎週木曜日開催(年間35回程度) 午後4時から午後5時

 

窓の前についている金属の柵をよじ登る女の子たち

活発な女の子が多い。でも、チョット危ないかな…

いろいろなボールを使って遊ぶ

いろいろなボールを使って遊ぶ

 

千葉県の御宿町B&G海洋センターでは、子供たちの体力向上や放課後の居場所づくりの一環として、運動遊びやレクリエーションを通して体力づくりを行っています。

4月26日午後4時から午後5時まで開かれた教室には、町内の2小学校から17人が参加しました。この催しは毎週木曜日に開かれ、年間35回程度行われます。

 

運営では、子供たちが毎回遊ぶものを決めていて、B&G海洋センタースタッフは指導者というよりリーダーのような接し方をしています。

 

毎回子供たちは、教室が始まるまでの間、30分くらいは自由時間があり、元気に走り回って汗だく。遊びは子供がプロなので、スタッフは水分補給やチーム分けの誘導など時間内にいろいろできるようにサポートしています。

 

ドッチボールもルールを変えて楽しむ。ボールを2個使用しているところの画像その1

ドッチボールもルールを変えて楽しむ。ボールを2個使用しているところの画像その2

ドッチボールもルールを変えて楽しむ。ボールを2個使用しているところ

 

参加者した保護者からは「RACのある日は寝つきがとても良いです」、「天候に関係なく、安全に遊べる場所を提供していただきありがとうございます」と好評。子供からも「友達と鬼ごっことかできて楽しい」と居場所と体力づくりにぴったり。

 

鶴岡孝一レポーターは「少ない人数ですが、遊びのスペシャリストたちの集まりなので、いつも楽しく元気いっぱいに実施しています。対象が小学1年生から3年生までなので、若干体力差はありますが、それを逆転の発想で混合のチーム分けにして差を補えるように工夫しています」と述べました。

 

B&Gレポーター 御宿町B&G海洋センター・鶴岡 孝一


あなたへのオススメ記事

展示ブースで足をとめるお客様。1階の繁盛が2階の展示コーナーへ人の流れを呼びました。
B&G大内海洋センター市民祭出展 大内B&Gセンターを知ってほしい!ミッションは市民へのセンターのPR
オープニングイベントの空手演舞。センターに練習に来ている子どもたちが披露してくれました!
子どもから高齢者まで800名が参加 体育の日に各種スポーツを体験 「瀬戸内市スポーツフェスティバル2019」
今年度配備の救助艇が水難救助に活躍 日頃の活動や「水辺の安全教室」のノウハウで人命を救う
大きいタライに移して、さつき沼に生息する生物を観察しました
自然環境保護・沼の生態系学習とともに水辺の安全を指導 ザリガニ釣り体験
指導員が漕ぎ方を説明
障がいの有無にかかわらず自然体験活動が行える環境を マリンスポーツ体験会
Cクラスレース風景
過去最多エントリーで白熱のレース 第15回坊ちゃんカップヨット大会