あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

隠れ名所“桜街道”の名を広め、夢ある街へ!美波町のマラソン大会「2018桜街道・夢マラソン」


美波町由岐B&G海洋センター

2018年4月8日(日 )午前8時~午後0時15分

 

県内外から576人が参加した「2018 桜街道・夢マラソン」。スタートの様子

県内外から576人が参加した「2018 桜街道・夢マラソン」

 

徳島県の美波町で4月8日、マラソン競技者の育成と町のPRを目的とした地域の一大イベント、「2018 桜街道・夢マラソン」が開かれ、県内外から576人が参加しました。美波町由岐B&G海洋センター前グランドを発着点に、走行距離別で3種類のコースが設定されており、多くの人が参加できる市民マラソンとあって人気は上々。ランナーらは自分の体力に合ったコースで走りを楽しみながら、町の隠れた名所と称される“桜街道”を通り抜けました。

 

参加者代表による選手宣誓

参加者代表による選手宣誓

 

同大会は、桜街道・夢マラソン実行委員会が主催、美波町などの共催で毎年開かれており、今回で23回目となります。町民のふれあいと健康づくりを促進するとともに、マラソンの競技者を育てる目的で始まったものですが、回を重ねた今では、美波町の名所として町民に親しまれている“桜街道”を町外に広くアピールして、夢ある街づくりと人づくりに結び付けることも、大きな狙いの一つとなっています。また、交通安全への意識高揚に向けて、大会開催中は警察署や交通安全協議会とタイアップして、交通安全キャンペーンを繰り広げ、参加者全員に交通事故のない住みやすい街づくりを呼び掛けています。

 

コースは、ハーフマラソン(21.0975㎞)のほか、ロードマラソン(3.0㎞)と亀さんマラソン(2.0㎞)といった初心者や体力に自信のない人向けのコースも設定。参加条件はあるものの、自分にあったコース選べることが魅力の一つです。

 

大会当日は快晴で絶好のマラソン日和となりましたが、数日前に降った雨によって桜の花はほぼ散っており、イベントに銘打った“桜街道”とはいかなかったものの、大勢の参加者を迎えて、大いに沸き返りました。牟岐警察署の佐藤禎署長が、亀さんマラソンに出場、完走された姿が印象的でした。

 

会場となった美波町由岐B&G海洋センター前には、マラソン参加者が続々到着

会場となった美波町由岐B&G海洋センター前には、マラソン参加者が続々到着

 

桜街道・夢マラソンならではという売りもあります。毎年、大会実行委員会が調理して提供する“マラソン特製うどん”が参加者に大人気で、リピーターも多く、これを目当てに参加する人もいるほどで、今年も会場では、「うどん待ち」の人が長蛇の列をなしていました。また、大会終了後には、お楽しみ抽選会も行われ、マラソン参加者には自転車などの豪華景品が当たるとあって、大変な盛り上がりを見せていました。

 

大会名物「特製うどん」には長蛇の列。

大会名物「特製うどん」には長蛇の列。

 

同大会は毎年、町外や県外からも着実に参加者を集めています。外部の参加者には、美波町の観光パンフレットを配布して、同地の良さを知ってもらい、再度足を運んでもらえるようPRするなど、“美波町リピーター”をつくる、という密かな?狙いを含んでいます(笑)。つまり、マラソン大会が地域おこしの一環として活躍している場でもあるのです。一方、町内の人々には、桜街道のマラソンを通じて“わが町美波町”の自然の素晴らしさを再確認してもらうことにも注力しています。

 

参加者の一人は「コースが厳しかったが景色が良くて楽しく走れた」と笑顔で語っていました。また「今年は桜が散っていて残念だったが、来年こそは満開の桜の下で走れることを期待している」とリピートを約束。「特製うどんが楽しみで、毎年参加している。今年はハーフマラソンを完走でき、大満足」との感想も上がり、絶大なうどん効果を物語っていました。

 

表彰式の様子。入賞者にメダルを授与

表彰式。入賞者にメダルを授与

 

レポーターは「数日前に雨が降り桜の花が少ないなか、大勢の方が参加され大変盛り上がりました。また天候、気候にも恵まれて、けが人などもなく無事終わることができました」と盛況ぶりを強調。「3種類のコースから、自分に合った種目を選べる魅力あるマラソンを、今後もたくさんの人に楽しんでもらいたい」と話しています。

 

B&Gレポーター 美波町由岐B&G海洋センター・蒲生 悠太


あなたへのオススメ記事

服を着たままプールに入る
自分の命は自分で守る!そのために教室続ける「水辺の安全教室」プログラム(着衣泳)
オフィシャルお立ち台に立つ三人の男児
過酷な競技で感動共有!第24回 オールジャパンジュニアトライアスロンin伯耆
カヌー出艇前、早く出艇したくてウズウズ
プールでカヌーの乗り方、パドル操作を学び、いつか琵琶湖へ
剣道デモンストレーション(吉永剣道スポーツ少年団)
真上で繰り広げられる花火!大迫力の特等席~吉永町サマーフェスティバル
すっかり慣れて、オールの扱いもさまになっています。
未経験の子供たちにカヌーの楽しさ知ってもらおう!夏休みカヌー教室
SUPヨガスタート。片膝立てて、両手を挙げます
初めての感覚にワクワク!!水に浮かんで、なんと!ヨガ