あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

AED使い方はいまだ浸透せず…多くの方に体験してほしい!普通救命講習会


尾道市瀬戸田B&G海洋センター

2018年3月16日(金)午後6時から午後8時

 

人形を使った、心臓マッサージの実例中。見ていると簡単にできそうですが…

心臓マッサージ。見ていると簡単にできそうですが…

初めての受講者はAED(自動体外式除細動器)のスイッチ押すだけでもドキドキの様子

初めての受講者は、AED(自動体外式除細動器)のスイッチ押すだけでもドキドキ

 

救急隊員が到着するまでの応急手当によって助かる命がある――、救命講習を受講し応急手当を身につけようと3月16日午後6時から、尾道市瀬戸田B&G海洋センターで普通救命講習会が開かれました。海洋センターを利用している団体・クラブの代表者ら20人が参加しました。

 

突然のけがや病気で倒れた人には、居合わせた人達による迅速な応急手当が、その人の生命を救うため、社会復帰するのにとても重要になります。当日は尾道市消防署職員の協力で、4グループに別れて行いました。心肺蘇生法の手順説明、人形を使っての人工呼吸・心臓マッサージの実技訓練、AEDの使用方法の指導を受けました。受講者はお互いにアドバイスや確認し合ったりしながら、一連の流れを適切にできるようになりました。

 

尾道市消防署員にご協力をいただき、感謝の意を伝える様子

尾道市消防署員にご協力をいただき「大変ありがとうございました」

実際に体験すると、マッサージのスピードも速く、すぐに疲れてしまう。頑張っている参加者の様子

実際に体験すると、スピードも速くすぐに疲れてしまう

 

参加者から「いつも海洋センターを利用しているのにAEDがどこにあるのかさえ知らなかったので、良い機会になりました」、「いざという時、ちゃんとできるのか自信はないですが、講習を受けているのといないのでは全然違うと思うので受講できて良かった」、「想像より速いスピードで全身を使ってマッサージをするため、結構疲れました」と述べていました。

 

少人数なので、疑問も指導員の方がすぐに教えてくれます

少人数なので疑問もすぐに教えてくれる

 

レポーターは「いざという時にその場にいる人が自由に使えるように、多くの施設に設置されているAEDですが、使い方はまだまだ浸透していないのが現状のようです。海洋センターでも定期的に講習会を開催し、ぜひ多くの方に体験していただきたい」と指摘しました。

 

B&Gレポーター 尾道市瀬戸田B&G海洋センター・小野万喜恵さんでした

 

 

 

B&Gレポーター 尾道市瀬戸田B&G海洋センター・小野 万喜恵


あなたへのオススメ記事

男鹿島よりスタート
オープンウォータースイミングの普及・発展と競技力向上図る ひめじ家島で大会開催
水中ウォーキング 説明を真剣に聞いています!ビート版で負荷UP!
高齢者も楽しみながら運動を!スポーツを通じて健康維持 「介護予防カレッジ」開催
集合写真、天候にも恵まれ色とりどりのカヌーが青空に映えました
緑豊かな新城市でカヌー体験 自然に親しむ親子ふれあい教室 親子カヌーツーリング
琵琶湖で各チームがドラゴンカヌーを操り競い合いました。
毎年恒例、大盛り上がりの人気イベント 2019ドラゴンカヌー大会
「郷土(ふるさと)に学ぶ」。かいこさんのまゆ玉を使って、本物そっくりの「かいこさん」を作ります。
夏休みの学習と体験活動を通じた子育て支援事業 夏休み特別企画 2019おおや夏塾 開講!!
優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント
カヌーレース大会「海族カップ」開催!海で遊ぶことの楽しさ教えたい