あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

離島の小中学生が水泳競技で熱戦!第5回B&G南西諸島交歓大会


来年は島外からの参加を 与論町B&G海洋センター指導者会が主催

2018年1月27日(土)午後2時から午後6時

大会新記録を樹立した叶祐野さんの表彰。今後の活躍を期待

大会新記録を樹立した叶祐野さんの表彰。今後の活躍を期待

編成所で順番待ち、このときが一番緊張している様子だった

編成所で順番待ち、このときが一番緊張している様子だった

 

南西諸島にある各B&G海洋センターの子供たちの競技力向上、地域センター間の交流、活性化を図ることで、身近にある島々との友好関係を深める。1月27日午後2時から鹿児島県の与論町B&G海洋センタープールで第5回B&G南西諸島交歓大会が開かれました。例年は10月に開催していますが、今年度はさまざまな町行事と重なり1月となりました。

 

与論町B&G海洋センター指導者会の主催で、与論町の各水泳スポーツ少年団から集まった56人が参加、与論町教育委員会の町岡光弘教育長が出席しました。

 

開会式。町内4団体が参加。茶花小校区水泳スポーツ少年団、与論小校区水泳スポーツ少年団、那間小校区水泳スポーツ少年団、パナウルSC(中学生)の皆さんの様子

開会式。町内4団体が参加。茶花小校区水泳スポーツ少年団、与論小校区水泳スポーツ少年団、那間小校区水泳スポーツ少年団、パナウルSC(中学生)

 

競技は、小学生の部は1~3年、4年、5年、6年の4クラス各種目男女別で、中学生は各種目男女別で行われました。屋内温水プールですが空調設備はなく、選手の待機場所にマットを敷いたり、壁に保温シートを掛けるなど寒さ対策を行いました。日程変更の影響で町内だけの参加となりましたが、小中学生56人は熱戦を繰り広げました。6種目で大会新記録を樹立し、最後の小学生フリーリレーでは中学生がオープン参加して、おおいに盛り上がりました。

 

各団体に分かれてチームメートを応援、寒さ対策として壁に保温シート

各団体に分かれてチームメートを応援、寒さ対策として壁に保温シート

小学生フリーリレーに中学生のオープン参加があり、大いに盛り上がる

小学生フリーリレーに中学生のオープン参加があり、大いに盛り上がる

エキシビションは泳げない小学生が25mビート板バタ足競争

エキシビションは泳げない小学生が25mビート板バタ足競争

 

参加者は「自己新記録が出た。練習の成果が出て良かった」、「今年は1月の大会で少し寒かったけど、楽しかった」、「緊張して、泳法を間違えた」とさまざま。

 

池田レポーターは「1月の開催で島外から参加がなかったのは残念。来年度は南西諸島の各センターはもちろんのこと、近隣市町村にも参加を呼び掛けさらなるスポーツ振興および交流事業を促進したい。運営においては、当日の館内温度が想定より暖かくホッとした。町内の子供たちにとって本会場は日頃練習している場所なので、全体的には伸び伸びと競技に臨めている様子だった」と安堵していました。

 

池田 剛さん近影

 

 

 

B&Gレポーター 与論町B&G海洋センター・池田


あなたへのオススメ記事

指導員が漕ぎ方を説明
障がいの有無にかかわらず自然体験活動が行える環境を マリンスポーツ体験会
Cクラスレース風景
過去最多エントリーで白熱のレース 第15回坊ちゃんカップヨット大会
競技風景。アスリートたちがいい泳ぎを見せてくれました!
スペシャルオリンピックス日本・島根競泳競技会 アスリート、地域ボランティアで作り上げたインクルーシブな大会!
干潟上つなひき決勝戦(足がなかなか動かず苦戦)
泥だらけの『干潟体験』でふるさとの良さを知ろう 自然体験事業「ネイチャー」
ビート板バタ足選手権
水との親しみ方学ぶ 水泳記録会とプールでのレクリエーション 北栄ウォーターフェスティバル
小さい子どもと一緒に親子でサップ体験
親子で参加「楽しかった」 カヌー・サップを初体験 とみかマリンスポーツ体験会