あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

小学生43人全員が身を乗り出して夢中!自然体験事業「ネイチャー」イルカウォッチング


島原湾の入り口付近 2018年2月17日(土)午前10時から正午

 

船のデッキからイルカの群れを眺める子供たち

子供たちとイルカ

遭遇したイルカの群れ

遭遇したイルカの群れ

 

野生のイルカを直に見る。長崎県の島原半島にある、南島原市西有家B&G海洋センター、加津佐B&G海洋センター、南島原市教育委員会スポーツ振興課が行っている、自然体験事業「ネイチャー」の2月行事、イルカウォッチングが2月17日に行われました。

南島原市の小学生43人と保護者4人が参加し、身近に見ている海の生態に感動しました。

 

参加者は午前10時に南島原市口之津町にあるイルカウォッチングができる、口之津観光船企業組合に集合。全員がライフジャケットを着用して、午前10時10分に出港しました。船が約50分走ったところでイルカの群れにたどり着くことができました。

 

イルカのアップ写真も撮れた!

イルカのアップ写真

 

難なくイルカに遭遇したのではありません。実は、別の漁船がイルカの群れをあらかじめ目視で捜索、群れを探し当ててくれていました。それがないと出会えないこともあるようで、なんと遭遇率は90パーセント以上とのことです。

 

エサやりは禁止ということで、子供たちも大人も思い思いにイルカを眺めたり写真を撮り続けたりしました。特に子供たちは全員が身を乗り出してイルカに夢中、本当に楽しそうでした。20分くらいの間、イルカの群れを堪能したところで、船は港に帰るため反転しました。

 

参加者は「野生のイルカが近くで見られてよかった」、「イルカすごかった」、「イルカに会えてよかった」と感動していました。その一方で、船が苦手なのか「行き帰りの時間が長くてヒマだった」との感想もありました。

 

イルカの群れに出会えて楽しんでいる子供たち

子供たちが楽しんでいる

 

 

この行事は、子供たちの健やかな成長を願い、南島原市の自然に触れ合う体験活動を通して、郷土を愛する心を育むために行われました。

 

 

【B&Gレポーター】

 南島原市西有家B&G海洋センター・近藤 貴紀

 

 


あなたへのオススメ記事

ルーシーダットンはタイに伝わる健康法
独自の呼吸法で血流上げ、仙人のような?!しなやかな体に
ルーシーダットン教室
ゲームを使用して運動しているところ
“eスポーツ” 次世代型運動プログラムをゲームで代行 不思議な一体感
家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室
優勝チームの記念撮影
ママさんバレーを生涯スポーツへ 9人制・男女混合も出場
第2回B&G財団会長杯争奪ファミリーバレーボール大会
みんなで腰掛けキック
園児と小学生115人 できる喜びと楽しさを感じてほしい 小坂井水泳教室
ロープワーク講習では、徳島県B&G地域海洋センター連絡協議会の指導者3人が講師となった
全員参加型、三世代でロープワークから障がい者スポーツ体験まで
那賀よしフェスティバル2019
ドッジボール競技中、日々の練習成果を発揮するよう頑張る
児童数が少ない状況でも誰もが参加できるドッジボール
第30回B&G会長杯蔵王町民スポーツ交流大会