あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

初めてでもルールは簡単、分かりやすい!タグラグビー教室


大空町東藻琴海洋センター

2018年2月27日(火)午後3時から午後6時

 

ニュースポーツの一つ、タグラグビーの教室で、タグを取り合う練習をする男子児童2人

タグを取り合う練習

相手に追いついて、腰に下げた相手のタグを、すきを見てまさに取ろうとする瞬間

相手に追い付いてタグを取る様子

 

2月27日午後3時から大空町東藻琴海洋センターで、普段体験することがないタグラグビー教室を開き、町内の小学校から30人が参加しました。

 

運動教室を開催して子供たちに海洋センターを知ってもらい、スポーツ少年団の加入促進やタグラグビーで全身の運動を行って、体力の向上に努める――。タグラグビーは危険が少ないようタックルやスクラムがありません。タグを腰の左右につけて、ボールを持った選手がタグを取られないようにパスして、トライを目指すものです。タグを取られるとその場で立ち止まり、味方にボールをパスしなければいけません。

 

相手にボールを取られないよう警戒している男子児童

ボールを取られないよう警戒している

 

参加した小学生は、「初めてタグラグビーをしました。楽しかったのでまた参加したい」「タグを取るのが大変でした」「ルールも簡単で楽しかった」と喜んでいました。

 

レポーターは「ルールも分かりやすく楽しく参加している子供たちを見て、見学者も次回は参加したいと言っていました。今後もこの様な教室がたくさん開かれればと思いました」と述べました。

 

相手のタグを取ろうとしている男子児童

タグを取っている様子

 

B&Gレポーター 大空町東藻琴B&G海洋センター・白尾 聡


あなたへのオススメ記事

服を着たままプールに入る
自分の命は自分で守る!そのために教室続ける「水辺の安全教室」プログラム(着衣泳)
オフィシャルお立ち台に立つ三人の男児
過酷な競技で感動共有!第24回 オールジャパンジュニアトライアスロンin伯耆
カヌー出艇前、早く出艇したくてウズウズ
プールでカヌーの乗り方、パドル操作を学び、いつか琵琶湖へ
剣道デモンストレーション(吉永剣道スポーツ少年団)
真上で繰り広げられる花火!大迫力の特等席~吉永町サマーフェスティバル
すっかり慣れて、オールの扱いもさまになっています。
未経験の子供たちにカヌーの楽しさ知ってもらおう!夏休みカヌー教室
SUPヨガスタート。片膝立てて、両手を挙げます
初めての感覚にワクワク!!水に浮かんで、なんと!ヨガ