あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

初めてでもルールは簡単、分かりやすい!タグラグビー教室


大空町東藻琴海洋センター

2018年2月27日(火)午後3時から午後6時

 

ニュースポーツの一つ、タグラグビーの教室で、タグを取り合う練習をする男子児童2人

タグを取り合う練習

相手に追いついて、腰に下げた相手のタグを、すきを見てまさに取ろうとする瞬間

相手に追い付いてタグを取る様子

 

2月27日午後3時から大空町東藻琴海洋センターで、普段体験することがないタグラグビー教室を開き、町内の小学校から30人が参加しました。

 

運動教室を開催して子供たちに海洋センターを知ってもらい、スポーツ少年団の加入促進やタグラグビーで全身の運動を行って、体力の向上に努める――。タグラグビーは危険が少ないようタックルやスクラムがありません。タグを腰の左右につけて、ボールを持った選手がタグを取られないようにパスして、トライを目指すものです。タグを取られるとその場で立ち止まり、味方にボールをパスしなければいけません。

 

相手にボールを取られないよう警戒している男子児童

ボールを取られないよう警戒している

 

参加した小学生は、「初めてタグラグビーをしました。楽しかったのでまた参加したい」「タグを取るのが大変でした」「ルールも簡単で楽しかった」と喜んでいました。

 

レポーターは「ルールも分かりやすく楽しく参加している子供たちを見て、見学者も次回は参加したいと言っていました。今後もこの様な教室がたくさん開かれればと思いました」と述べました。

 

相手のタグを取ろうとしている男子児童

タグを取っている様子

 

B&Gレポーター 大空町東藻琴B&G海洋センター・白尾 聡


あなたへのオススメ記事

1.6キロ地点の親子で走っているランナー、そのほかの皆さん。田んぼの中を走ります
桜江町を仲間と一緒に走り初め!~新春走り初め会
スタート直後。一斉に走り出す参加者を正面から撮影。
年ごとに参加者が増える!健康と繁栄を祈願のため~ 第47回旭志元旦マラソン大会
参加者全員で集合写真
子供たちのスポーツ振興に地域のスポーツ指導者が連携!7つの競技を開催
ストーンを投げる男性
氷上カーリングの陸上版!ユニカールはチームワーク+作戦力
一般の部門の試合の様子
最後の種目だから競技者と応援、本物の盛り上がり「第12回山形地区綱引き大会」
指導にご協力いただいた福井国体2018に出場した6人のスイマー
国体選手と競泳!!生まれ変わったプールでさらに泳力アップを!