あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

初めてでもルールは簡単、分かりやすい!タグラグビー教室


大空町東藻琴海洋センター

2018年2月27日(火)午後3時から午後6時

 

ニュースポーツの一つ、タグラグビーの教室で、タグを取り合う練習をする男子児童2人

タグを取り合う練習

相手に追いついて、腰に下げた相手のタグを、すきを見てまさに取ろうとする瞬間

相手に追い付いてタグを取る様子

 

2月27日午後3時から大空町東藻琴海洋センターで、普段体験することがないタグラグビー教室を開き、町内の小学校から30人が参加しました。

 

運動教室を開催して子供たちに海洋センターを知ってもらい、スポーツ少年団の加入促進やタグラグビーで全身の運動を行って、体力の向上に努める――。タグラグビーは危険が少ないようタックルやスクラムがありません。タグを腰の左右につけて、ボールを持った選手がタグを取られないようにパスして、トライを目指すものです。タグを取られるとその場で立ち止まり、味方にボールをパスしなければいけません。

 

相手にボールを取られないよう警戒している男子児童

ボールを取られないよう警戒している

 

参加した小学生は、「初めてタグラグビーをしました。楽しかったのでまた参加したい」「タグを取るのが大変でした」「ルールも簡単で楽しかった」と喜んでいました。

 

レポーターは「ルールも分かりやすく楽しく参加している子供たちを見て、見学者も次回は参加したいと言っていました。今後もこの様な教室がたくさん開かれればと思いました」と述べました。

 

相手のタグを取ろうとしている男子児童

タグを取っている様子

 

B&Gレポーター 大空町東藻琴B&G海洋センター・白尾 聡


あなたへのオススメ記事

男鹿島よりスタート
オープンウォータースイミングの普及・発展と競技力向上図る ひめじ家島で大会開催
水中ウォーキング 説明を真剣に聞いています!ビート版で負荷UP!
高齢者も楽しみながら運動を!スポーツを通じて健康維持 「介護予防カレッジ」開催
集合写真、天候にも恵まれ色とりどりのカヌーが青空に映えました
緑豊かな新城市でカヌー体験 自然に親しむ親子ふれあい教室 親子カヌーツーリング
琵琶湖で各チームがドラゴンカヌーを操り競い合いました。
毎年恒例、大盛り上がりの人気イベント 2019ドラゴンカヌー大会
「郷土(ふるさと)に学ぶ」。かいこさんのまゆ玉を使って、本物そっくりの「かいこさん」を作ります。
夏休みの学習と体験活動を通じた子育て支援事業 夏休み特別企画 2019おおや夏塾 開講!!
優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント
カヌーレース大会「海族カップ」開催!海で遊ぶことの楽しさ教えたい