あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

初めてでもルールは簡単、分かりやすい!タグラグビー教室


大空町東藻琴海洋センター

2018年2月27日(火)午後3時から午後6時

 

ニュースポーツの一つ、タグラグビーの教室で、タグを取り合う練習をする男子児童2人

タグを取り合う練習

相手に追いついて、腰に下げた相手のタグを、すきを見てまさに取ろうとする瞬間

相手に追い付いてタグを取る様子

 

2月27日午後3時から大空町東藻琴海洋センターで、普段体験することがないタグラグビー教室を開き、町内の小学校から30人が参加しました。

 

運動教室を開催して子供たちに海洋センターを知ってもらい、スポーツ少年団の加入促進やタグラグビーで全身の運動を行って、体力の向上に努める――。タグラグビーは危険が少ないようタックルやスクラムがありません。タグを腰の左右につけて、ボールを持った選手がタグを取られないようにパスして、トライを目指すものです。タグを取られるとその場で立ち止まり、味方にボールをパスしなければいけません。

 

相手にボールを取られないよう警戒している男子児童

ボールを取られないよう警戒している

 

参加した小学生は、「初めてタグラグビーをしました。楽しかったのでまた参加したい」「タグを取るのが大変でした」「ルールも簡単で楽しかった」と喜んでいました。

 

レポーターは「ルールも分かりやすく楽しく参加している子供たちを見て、見学者も次回は参加したいと言っていました。今後もこの様な教室がたくさん開かれればと思いました」と述べました。

 

相手のタグを取ろうとしている男子児童

タグを取っている様子

 

B&Gレポーター 大空町東藻琴B&G海洋センター・白尾 聡


あなたへのオススメ記事

実際に避難所開設時に使用する備品
新型コロナ対策をアップデートした避難所開設訓練 「御嵩町防災訓練」を実施
「飛脚駅伝大会」でクラブ員が激走中
【はじめまして】B&G矢掛海洋クラブです 県大会上位入賞と飛脚駅伝大会出場に燃えています
コロナに負けず渓谷遊びとラケットテニス 「B&G海洋クラブ交流デイキャンプin鬼北」開催
見よう見まねで楽しめるのが「ZUMBA」の魅力
「下手でもいいから音楽を楽しみ、体を動かす」 ZUMBA採用で海洋センター事業の成長エンジンへ
プールで身につけた技術で広い海へ 志布志市で「チャレンジカヌー教室」開催
SUPに乗って夕日を楽しむ。幻想的な世界が味わえますよ
【はじめまして】B&G琴ケ浜海洋クラブです 「歴史と自然を融合」させて子どもたちの海離れをSTOP