あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

掛け声や笑い声、たくさんの笑顔で埋まった~津奈木町B&G体育館


第1回 フレンドリーカップ・ビーチバレー大会

2017年12月17日(日)午前9時15分から正午

プレー前の握手で親睦を深めた

プレー前の握手で親睦を深めた

見事なダイビングセーブをみせた選手。この後、他の選手がカバーし得点へつなげた

見事なダイビングセーブをみせた選手。この後、他の選手がカバーし得点へつなげた

 

12月17日午前9時15分から初めてのフレンドリーカップ・ビーチバレー大会が熊本県の津奈木町B&G体育館で開かれました。会場には掛け声や笑い声などが絶えず、たくさんの笑顔で埋まりました。

 

スポーツを通して町民の健康推進と親睦融和を図るため、順位を競わず和気あいあいとプレーし、男女共に楽しみながら交流を深めました。町内の49人が参加しました。エントリーしたのは9チームでした。

 

掛け声が飛び交い、会場は終始盛り上がり

掛け声が飛び交い、会場は終始盛り上がり

 

成人男女を対象とし1チーム7人以内で、16チームを募集。試合は5人制ローテーションとして行い、男女混成チームの場合、男子の出場は2人までとしました。閉会時にはレクリエーションとして抽選会を行いました。

 

参加した男性は「普段知り合うことがないような人と一緒にプレーができて楽しかった」と話しました。レポーターは「ボールに飛び込んで行ったり必死にプレーする人もいて、全員が楽しそうにしている姿を見て、私も動きたくて体がうずうずしました」と楽しくプレーする参加者に圧倒されたようです。

 

来年度以降も引き続き実施し、町民間の融和を図り、スポーツ事業の発展と健康増進につなげてほしいとしています。

 

B&Gレポーター B&G津奈木海洋クラブ・西平 嵩


あなたへのオススメ記事

右から香美町香住B&G海洋センターの中村智彦さん、駒居庸民さん、利用者の安田茂さん、橋本和子さん
海洋センター職員らが人命救助!地元消防本部より感謝状を頂きました
日本の伝統行事とスポーツチャンバラがコラボレーション 毎年恒例の節分行事「節分に鬼退治」
有志団体「もちつき隊」を招いてのもちつき大会
宍粟市で恒例となった「もちつき大会」! さまざまな催し事で、大人も子どもも大盛り上がり
11人の目は目の前の2枚に…どっち?こっち?緊張で思わずみんな正座に
カルタに宝探し 周囲に目を走らせ、身を躍らせた新春の子ども達 宝探しとでっかいカルタ大会
キャップで作った「たこ焼き」を割りばしでひっくり返します。予想以上に手ごわい!
2019年末大感謝祭
チームで対戦中です
「フェンシングのまち」で、子供たちが手軽にフェンシングを疑似体験 戸田B&G海洋センターフェンシング体験塾