あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

目が覚めるようなヤマブキ色のメタセコイアの森を走る~第6回太古の森恐竜クロスカントリー大会


三木町総合運動公園 三木町B&G海洋センター周辺

2017年12月10日(日)午前8時から正午

 

恐竜のそば。コースは階段やアップダウンもあり、景色も変化していくので、県外から参加する方も増えている

恐竜のそば。コースは階段やアップダウンもあり、景色も変化していくので、県外から参加する方も増えている

みんなでよーいドン!

みんなでよーいドン!

 

町民の健康の増進、他県からのランナーも参加して町の活性化を図るため、12月10日午前8時から香川県の三木町総合運動公園で、第6回太古の森恐竜クロスカントリー大会が開かれました。

 

三木町B&G海洋センター周辺を走る大会で、3kmと6kmコースの個人ラン、9kmリレー(3~6人の団体)を行いました。香川と愛媛県から小学生以上の276人が参加しました。

 

6kmコース92人のスタート。地元の中学生サッカー部や野球部が毎年参加している

6kmコース92人のスタート。地元の中学生サッカー部や野球部が毎年参加している

 

この大会は〝生きている化石〟と呼ばれ三木町の記念樹であるメタセコイアと恐竜のオブジェがある「太古の森」を活用して、スポーツをしたいということで始められました。風もなく走るのには絶好の日和、3体の恐竜とヤマブキ色に紅葉したメタセコイアのすばらしさ、落葉した葉を踏む感触が走る人を楽しませてくれました。

 

段ボールで作ったサッカーボールに寄せ書き。段ボールで作ったベッドなども作っている方が、当日、持ち込み

段ボールで作ったサッカーボールに寄せ書き。段ボールで作ったベッドなども作っている方が、当日、持ち込み

中間地点。後方にメタセコイア

中間地点。後方にメタセコイア

 

【参加者の感想】

・リレーの部門

「みんなと力を合わせてゴールを目指し、ゴールできて良かったです。機会があれば、また参加したい」(聾学校女生徒)

 

・3kmコース部門

「初めて参加して楽しかった」(小学男子)

「完走できたし、2位になれてうれしかった」(小学女子)

 

・6kmコース

「途中で苦しくなった場面もあったけれど、最後ゴールした時は気持ちよかった」(中学男子)

「2年前に大会に出た時よりも1分半もタイムを縮めることができた」(一般男性)

 

9kmリレー。高校の陸上部、クラブチーム、町職員チーム、聾学校など19チームが参加

9kmリレー。高校の陸上部、クラブチーム、町職員チーム、聾学校など19チームが参加

3kmコースには1位を目指す人、親子でマラソンを楽しむ人など85人

3kmコースには1位を目指す人、親子でマラソンを楽しむ人など85人

 

今年はメタセコイアの紅葉がテレビや新聞で取り上げられ、太古の森に来園したご夫婦や家族連れが増えました。「今日は何があるんですか?」と聞かれることが多かったといいます。

 

レポーターは「来年、そんな人たちにも参加してもらいたいです。町と共催して多様なコースを作り、大きな大会にしていきたい」と述べました。

 

B&Gレポーター 三木町B&G海洋センター・江戸 里美


あなたへのオススメ記事

決勝戦!まさに「水上の格闘技」、激闘が繰り広げられました。
水上の格闘技! カヌーポロのメッカで国内最大級の大会開催!
第30回あわらカップカヌーポロ大会~2019 Club Team Challenge~
男鹿島よりスタート
オープンウォータースイミングの普及・発展と競技力向上図る ひめじ家島で大会開催
水中ウォーキング 説明を真剣に聞いています!ビート版で負荷UP!
高齢者も楽しみながら運動を!スポーツを通じて健康維持 「介護予防カレッジ」開催
集合写真、天候にも恵まれ色とりどりのカヌーが青空に映えました
緑豊かな新城市でカヌー体験 自然に親しむ親子ふれあい教室 親子カヌーツーリング
琵琶湖で各チームがドラゴンカヌーを操り競い合いました。
毎年恒例、大盛り上がりの人気イベント 2019ドラゴンカヌー大会
「郷土(ふるさと)に学ぶ」。かいこさんのまゆ玉を使って、本物そっくりの「かいこさん」を作ります。
夏休みの学習と体験活動を通じた子育て支援事業 夏休み特別企画 2019おおや夏塾 開講!!