あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

初めてでも簡単!とても奥の深いスポーツ「ボッチャ」体験会&大会


第1回佐治町ボッチャ体験会&大会

2018年2月18日(日)午前9時から正午

 

最高齢(93歳)の前田さんの投てき

最高齢(93歳)の前田さんの投てき

体験会でボッチャの説明

体験会でボッチャの説明

 

2月18日午前9時から鳥取市佐治町B&G海洋センターで、第1回佐治町ボッチャ体験会&大会が開かれました。

当日の海洋センター体育館の周りはうっすらと雪化粧し、暖房のない「底冷え」するなかでの開催となりました。

 

1チーム3人で10チーム、30人の出場選手のほとんどがボッチャは初めて。開会式の後の「体験会」でみっちりと練習をした後、いよいよボッチャの開始となりました。

 

子供から高齢者まで男女を問わず、障害のある人もできる、パラリンピックでも採用されているスポーツ「ボッチャ」で、住民の交流を図り生涯スポーツの振興と普及、高齢者の健康増進を推進するために開催されました。体験会で習得したあと、大会に移行するようにしたものです。

 

予選はAブロックとBブロックに分かれてリーグ戦、決勝は各ブロック上位2チームによるトーナメント方式で行いました。表彰式では1位から10位まで全てのチームに豪華景品が贈られました。上位チームから好きな賞品を選ぶことができビール、インスタントラーメン、スポーツドリンク、レトルトカレーなどを笑顔で受け取っていました。

 

終了後は腕利きの海洋センタースタッフが「愛情たっぷりの地元産鹿肉」を使った「鹿汁」を振る舞い、選手とスタッフは舌鼓を打っていました。

 

体験会で、何点なのか得点を確認中

体験会で、何点なのか得点を確認中

全て投げ終わり得点の確認、どこのチームが優勝?

全て投げ終わり得点の確認、どこのチームが優勝?

竹本佐治町B&G海洋センター所長から賞品授与

竹本佐治町B&G海洋センター所長から賞品授与

 

参加者からは、「ボッチャをやるのは初めてでしたが、簡単でとても楽しかった」「またこのような機会があったらぜひ参加したい」「とても簡単だけど、とても奥の深いスポーツだと感じました」「自分の集落のイベントなどでも実施してみたい」「普段あまり会わない人と楽しく過ごせてとても楽しかった」「たくさんの商品と参加賞ありがとうございました」「温かい鹿汁はおいしかった。冷えた体には温かい食べ物が最高ですね。とてもうれしかった」などさまざまな意見がありました。

 

体験会&大会が終了してスタッフともに集合写真

体験会&大会が終了してスタッフともに集合写真

 

レポーターは「底冷えする体育館は本当に寒かった。小さな町の初めての体験会&大会に15歳から最高齢93歳まで幅広い層が参加しました。体験会、大会ともに、とても楽しそうにプレーしていて、やってよかった、うれしい」と述べました。さらに「ボッチに集う温かい輪を広げていきたいと強く感じた」と述べました。

 

寒いなかの鹿汁 鍋を名物「いいかも」

 

ロビーで鹿汁「心も体も温かに」

ロビーで鹿汁「心も体も温かに」

 

鹿汁の調理にあたった田中寿彦さん(レポーター)は次のように述べました。

皆さんに出来立ての鹿汁を召し上がっていただこうと、時間を見ながらの仕込みでしたが、無事閉会式終了前に完成して(ほっ!)。「とてもおいしい」「お代わりをください」など、おいしく食べていただきとてもうれしかった。やっぱり寒い時は温かい食べ物に限りますね。鳥取市佐治町B&G海洋センター名物「大会の後の鍋」良いかな~と思いました。

 

B&Gレポーター 鳥取市佐治町B&G海洋センター・田中 寿彦

 

 


あなたへのオススメ記事

右から香美町香住B&G海洋センターの中村智彦さん、駒居庸民さん、利用者の安田茂さん、橋本和子さん
海洋センター職員らが人命救助!地元消防本部より感謝状を頂きました
日本の伝統行事とスポーツチャンバラがコラボレーション 毎年恒例の節分行事「節分に鬼退治」
有志団体「もちつき隊」を招いてのもちつき大会
宍粟市で恒例となった「もちつき大会」! さまざまな催し事で、大人も子どもも大盛り上がり
11人の目は目の前の2枚に…どっち?こっち?緊張で思わずみんな正座に
カルタに宝探し 周囲に目を走らせ、身を躍らせた新春の子ども達 宝探しとでっかいカルタ大会
キャップで作った「たこ焼き」を割りばしでひっくり返します。予想以上に手ごわい!
2019年末大感謝祭
チームで対戦中です
「フェンシングのまち」で、子供たちが手軽にフェンシングを疑似体験 戸田B&G海洋センターフェンシング体験塾