あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

埼玉県久喜市の自治体PRビデオ「ワンカット・ワンクッキー」に注目!


~ 全国初! 市民1,038人が出演して、カットなしの一発撮りに挑戦! ~

まちレポ【関東版】4月6日付で投稿いただいた、埼玉県久喜市のPRビデオ「ワンカット・ワンクッキー」(1000人ワンカット撮影編)。自治体PRビデオとしては全国初の試みとして、最初から最後まで一台のカメラで止めずに撮影する「ワンカット撮影」(一発撮り)で制作され、1,038人もの市民が出演したことで話題になっています。

そこで、制作に携わった市のご担当者に色々な質問をさせていただきながら、このビデオが誕生した経緯に迫ってみました。

まずは、とにかくご覧あれ! 一発撮りとは思えない完成度です

まずは、とにかくご覧あれ! 一発撮りとは思えない完成度です

臨場感あふれる映像を追求!

■ワンカット撮影のアイデアはどんな発想から生まれたのですか?

ワンカット撮影の手法は、最近、ミュージックビデオや映画でも使われて話題になっていますが、失敗したら最初からやり直さないといけないため、参加者が真剣に取り組んで一体感が生まれます。そのため、観る人を惹きつける臨場感のある映像を撮ることができるうえ、完成した時の達成感も得やすいと言われます。

また、ワンカット撮影で制作した自治体PRビデオは前例がありません。「全国初」になるので、メディアにも取り上げられやすいのではないかと思いました。

■筋書を作る際に苦労した点は?

久喜市PRビデオは、「1000人ワンカット撮影編」の他に久喜市の8つの魅力を紹介する8本の「本編」があります。その各「本編」でインタビューを行った方々に、「1000人ワンカット撮影編」に出演していただくというストーリーを描き、代表的な祭りである久喜提燈祭りの熱気や、市の特産品である梨を主役の鶴巻星奈さんが試食するシーンなどをワンカット撮影で次々に紹介。さらに様々な職種の方々に参加していただき、市民の活き活きといた笑顔、活気が伝わるような演出を考えながら、昨年流行した「壁ドン」「顎くい」なども取り入れながら楽しさを盛り込みました。

本編の1つである「久喜提燈祭り」の紹介で、田中暄二 久喜市長にインタビューを行う鶴巻星奈さん。 本編は、この他にも「久喜の梨」や「鷲宮神社」など計8本の作品が制作されました

本編の1つである「久喜提燈祭り」の紹介で、田中暄二 久喜市長にインタビューを行う鶴巻星奈さん。本編は、この他にも「久喜の梨」や「鷲宮神社」など計8本の作品が制作されました

 

3度目のテイクで起きた奇跡!

「ワンカット・ワンクッキー」(1000人ワンカット撮影編)の序盤で展開される鷲宮高校野球部との掛け合い。次々に展開されていく場面を、たった1台のカメラが止まることなく追い続けます。3回目のトライで、見事に1,038人の息がピタリと合いました

「ワンカット・ワンクッキー」(1000人ワンカット撮影編)の序盤で展開される鷲宮高校野球部との掛け合い。次々に展開されていく場面を、たった1台のカメラが止まることなく追い続けます。3回目のトライで、見事に1,038人の息がピタリと合いました

■リハーサルはどれぐらいしたのですか? そのときに苦労した点、工夫した点は?

本番当日の午前9時から11時30分までリハーサルを行い、楽曲のどの箇所で、どのような場所に移動してどのような動きをするのか、エンディングまで入念にシミュレーションしましたが、しっかりと動きを合わせることができずに、ぶっつけ本番のようなかたちになってしまいました。

また、ホールでの様子が屋外で待っている方々に分かるように音声を外に流す予定だったのですが、流れなかったために外で待っている方々への状況説明に苦慮しました。

そのようなことから、本番ではなかなかタイミングが合わず、2回目まではボロボロでしたが、3回目のラストテイクで見事成功しました。

プロの役者さんを1000人集めて行うワンカット撮影であれば、それほど難しくないと思いますが、全くの素人である市民の方々1,038人のワンカット撮影の成功は、奇跡と言えるものでした。

■主役の鶴巻星奈さんを採用した理由、そして使用した楽曲について教えてください。 

主役に関しては、久喜市のことを全く知らない方のほうが市の魅力を新鮮に感じられると思ったほか、1000人も参加するワンカット撮影という非常にプレッシャーの掛かる役なのでプロのタレントさんにお願いすることにして、ビジュアル面も含めた素質や将来性を考慮し、鶴巻星奈さんに決めました。

また、ビデオのなかで使用した楽曲は、平成22年の合併後にタケカワ ユキヒデさんに作詞作曲していただいた久喜市の歌『笑顔のまち永遠なれ』をPRビデオ用にポップ調にアレンジし、鶴巻星奈さんが中心となって活動しているアイドルユニット『ノニエル』が歌ってレコーディングしたものです。久喜市の活気が感じられる明るい楽曲に仕上がっており、久喜市PRビデオ、特に「1000人ワンカット撮影編」にぴったりだと思います。

「ワンカット・ワンクッキー」(1000人ワンカット撮影編)の序盤で展開される鷲宮高校野球部との掛け合い。次々に展開されていく場面を、たった1台のカメラが止まることなく追い続けます。3回目のトライで、見事に1,038人の息がピタリと合いました

 

より深まった市民の絆

■参加された市民の方のコメント 完成したビデオの市民の反響をお聞かせください。

「この撮影会に参加して、本当に楽しかったです。みんなで一つのものを作り上げていく達成感みたいなものがありました。またこのような催しがあったら参加したいです」

「久喜市を盛り上げていこうという企画に、これだけたくさんの人が参加して、長い時間みんなで集中して取り組んで、素晴らしいことだと思いました。皆さんの団結力が発揮できて、試写会で作品を観たときは感動しました。久喜市の底力、発展の可能性が感じられる作品になったと思います」

ビデオ制作に携わった市のご担当者は、「3度目のテイクで完成したのは奇跡だった」と述べましたが、参加された市民の方々の感想をお聞きすると、1,038人すべての人の心が1つになったことが、すばらしい結果を生んだのではないかと思います。

久喜市の皆さんの輪が大きく育っていくことを期待しています!

「ワンカット・ワンクッキー」(1000人ワンカット撮影編)は、出演者が全員集合してエンディングを迎えます。久喜市ホームページ「久喜市PRビデオ」を覗くと、このほかにも「本編」や「CM編」「ドキュメンタリー映像集」など、さまざまな作品が掲載されています  

「ワンカット・ワンクッキー」(1000人ワンカット撮影編)は、出演者が全員集合してエンディングを迎えます。久喜市ホームページ「久喜市PRビデオ」を覗くと、このほかにも「本編」や「CM編」「ドキュメンタリー映像集」など、さまざまな作品が掲載されています


ホームページ 久喜市公式サイト

あなたへのオススメ記事

ライフジャケットで「浮くこと」を実感 秋田県大仙市で「園児のための水辺の安全教室」
みんな気持ち良くカヌー・サップを体験しています
「泳いでいるだけでも楽しい」 子どもたちも久々の水遊びで笑顔に
海で地元の名産である「竹」を使ったSUPづくり体験
マリンスポーツから地元の名産品に触れる 「竹SUPづくり体験教室」を開催
滋賀県高島市で小学5・6年生対象の水泳記録会 感染防止に努めながら練習の成果を発揮する場を
みんなで仮装してトリック・オア・トリート! ハロウィンについて学びました
「えいご教室」は楽しくて時間の経過がはやい
プールの中で「たかーい、たかーい!」
人生で初めてのプールをお母さんと一緒に 親子の絆も深められるベビースイミングを開催