水辺を学ぶ 水辺の安全学習アプリ

水難事故への「そなえ」を学ぶ!「水辺の安全学習アプリ」を公開します(2021年6月1日 本ページ等にて公開予定)

日本財団助成事業

コロナ禍で増えた子どもの水難 水難防止活動の6団体によるアプリで水の事故の予防を学びましょう!

水辺の安全学習アプリ

 

コロナ禍による全国の小学校等での水泳授業の中止や海水浴場の不開設など、水辺の安全を学ぶ体験機会が減少したことも影響してか、全国での水難事故が4年ぶりに増加に転じました。

そのような現状と、コロナ禍の終息が不透明なことから、全国的に水難防止の体験学習・啓発機会を提供する6団体(日本赤十字社一般社団法人水難学会公益財団法人 河川財団公益社団法人 日本水難救済会NPO法人 川に学ぶ体験活動協議会)で連携して「水難を避けるための基礎知識」を学ぶアプリの開発を進めています。

 

「水辺の安全学習アプリ」は、水泳授業で「安全確保につながる運動」を学ぶ小学5年・6年生を主な対象に、アニメーション付きの解説で、水辺での危険予知や対策、身を守る方法を15分で学べる、無償のデジタル教材です。

◯✕クイズ、水辺のマップ上で危険な行動を選ぶコンテンツや、緊急時の行動シミュレーション(119番、118番通報の手順)などを通じて、子どもたちが主体的に水辺の安全を学ぶことができる内容となっています。

更に詳しい内容について学ぶこともできるよう「詳しい知識編」も準備しています。

 

 

 

 

 

GIGAスクール構想に則りタブレットやパソコンで使用できる教材

 

現在開発している水辺の安全学習アプリは、文部科学省が進めているGIGAスクール構想で児童に配付されているタブレットなどで動作するもので、すべて無料でご利用いただけます。

 

水泳授業や水辺の体験活動の事前学習に最適

 

平成29年(2017年)告示の小学校学習指導要領解説体育編では、高学年「水泳運動」領域において新たに背浮きなどの「安全確保につながる運動」が明示されました。

 

メインコンテンツは15分程度で学習できるようになっていますので、事前学習を含む水泳授業はもちろんのこと、家庭学習や水辺のレジャーに行く前に親子で確認するなど、様々なシーンでご活用いただけます。

 

このアプリの公開は2021年6月1日を予定しています。

ぜひ小学校で行われる水辺の安全に関する授業や、海辺や水辺の自然体験活動などでご活用ください。

 

 

※アプリ公開日は当財団のホームページ等でお知らせします。

 

水辺の安全学習アプリ仕様

メディア PWA(Progressive Web Apps)
対応ブラウザ Edge、Chrome、Safari 各種の最新ブラウザ
対応機種 レスポンシブでPC、Tablet、スマートフォンに対応

※ブラウザで動作するため、インストール不要