あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

ノルディックポール使い負担少なく!ノルディックウォーク講習会~みなかみ町新治B&G海洋センター


秋を感じました ノルディックウォーク講習会【月夜野矢瀬めぐり】

 

ウォーキング中

ウォーキング中

上毛高原駅、憩いのスペース「tanigawa hanare」(タニガワ ハナレ)で

上毛高原駅、憩いのスペース「tanigawa hanare」(タニガワ ハナレ)で

 

9月2日午前9時から群馬県みなかみ町の「道の駅」月夜野矢瀬親水公園周辺で、ノルディックウォークの周知と住民の健康促進のきっかけづくりのため、ノルディックウォーク講習会(月夜野矢瀬めぐり)を開きました。主催は、みなかみ町教育委員会で、参加者は先着で同町内から集まった30人でした。当日は前夜に小雨だったため心配されましたが、曇りから快晴に好転して、イベント日和となりました。

 

今回で2回目、前回は昨年9月でした。ノルディックポールを使用することで、姿勢が整い運動効果が高くなり、膝や腰への負担が少なくなり、より安全に行うことができます。秋の気配も感じながら、月夜野矢瀬遺跡周辺約5キロを歩きました。

 

参加者も「当日の天気を心配しましたが、歩いている間に天候が回復し、普段と違った視点できれいな景色を満喫できました」「ウォーキングだけでなく、月夜野神社や上毛高原駅内の憩いのスペース『tanigawa hanare(タニガワ ハナレ)』、矢瀬遺跡などに立ち寄り、プチ見学を楽しみました。普段、車で通り過ぎてしまう所に立ち寄れて、良かったです」「引率の方と、どんぐりやくるみ、栗などの自然散策ができました。秋を感じました」と述べていました。

 

月夜野矢瀬遺跡をスタート前に準備体操と講習

月夜野矢瀬遺跡をスタート前に準備体操と講習

講習終了でストレッチ

講習終了でストレッチ

 

レポーターは「ウォーキングの講習会でしたが、景色や史跡などを楽しんだり、自然散策ができたりと、参加者の幅広い年齢層をカバーするイベントができました」、また「けがすることなく皆さんが完歩することができ、とても楽しかったです」と非常に好評な行事から、来年も同時期に実施する予定だとしています。

 

B&Gレポーター みなかみ町新治B&G海洋センター・鈴木紀哉


あなたへのオススメ記事

パレードでオープンカーに乗り沿道の声援に手を振る、写真左が渡部暁斗選手、右は渡部善斗選手、手前は渡部由梨恵選手。歓声の中、30分かけて500メートル先の村役場に向かいました
歓声に応えるB&G海洋センターゆかりの渡部暁斗選手と渡部善斗選手!地元の白馬村で凱旋パレード
船のデッキからイルカの群れを眺める子供たち
小学生43人全員が身を乗り出して夢中!自然体験事業「ネイチャー」イルカウォッチング
体育館内で、みんなでウォーキング講座
楽しいウォーキングで健康チェック!学業の合間に計画準備~湯前町B&G海洋センター主催
するどいアタックで得点を量産
楽しいバレーボール!小学生最後の試合で交流~水俣芦北(あしきた)地区
試合風景の様子。一打一打に集中する
スポーツ活動参加者のすそ野拡大と競技普及へ!第7回B&G財団会長杯グラウンドゴルフ大会
完成したホウキを持って、みんなで記念撮影!作成は満足の出来栄えで笑顔
身近な与論産ススキでオリジナルに仕上げた、ススキほうき作り教室