あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

ノルディックポール使い負担少なく!ノルディックウォーク講習会~みなかみ町新治B&G海洋センター


秋を感じました ノルディックウォーク講習会【月夜野矢瀬めぐり】

 

ウォーキング中

ウォーキング中

上毛高原駅、憩いのスペース「tanigawa hanare」(タニガワ ハナレ)で

上毛高原駅、憩いのスペース「tanigawa hanare」(タニガワ ハナレ)で

 

9月2日午前9時から群馬県みなかみ町の「道の駅」月夜野矢瀬親水公園周辺で、ノルディックウォークの周知と住民の健康促進のきっかけづくりのため、ノルディックウォーク講習会(月夜野矢瀬めぐり)を開きました。主催は、みなかみ町教育委員会で、参加者は先着で同町内から集まった30人でした。当日は前夜に小雨だったため心配されましたが、曇りから快晴に好転して、イベント日和となりました。

 

今回で2回目、前回は昨年9月でした。ノルディックポールを使用することで、姿勢が整い運動効果が高くなり、膝や腰への負担が少なくなり、より安全に行うことができます。秋の気配も感じながら、月夜野矢瀬遺跡周辺約5キロを歩きました。

 

参加者も「当日の天気を心配しましたが、歩いている間に天候が回復し、普段と違った視点できれいな景色を満喫できました」「ウォーキングだけでなく、月夜野神社や上毛高原駅内の憩いのスペース『tanigawa hanare(タニガワ ハナレ)』、矢瀬遺跡などに立ち寄り、プチ見学を楽しみました。普段、車で通り過ぎてしまう所に立ち寄れて、良かったです」「引率の方と、どんぐりやくるみ、栗などの自然散策ができました。秋を感じました」と述べていました。

 

月夜野矢瀬遺跡をスタート前に準備体操と講習

月夜野矢瀬遺跡をスタート前に準備体操と講習

講習終了でストレッチ

講習終了でストレッチ

 

レポーターは「ウォーキングの講習会でしたが、景色や史跡などを楽しんだり、自然散策ができたりと、参加者の幅広い年齢層をカバーするイベントができました」、また「けがすることなく皆さんが完歩することができ、とても楽しかったです」と非常に好評な行事から、来年も同時期に実施する予定だとしています。

 

B&Gレポーター みなかみ町新治B&G海洋センター・鈴木紀哉


あなたへのオススメ記事

第1便目の皆さんとの記念撮影
関西を代表する須磨海岸にて、SUP・メガSUP・ドラゴンSUP・カヤック体験 「須磨ビーチフェスタAutumn2019」に250名が参加!
第1回から出場してるベテランチームの試合模様(今回スーパーヘビー級優勝しました!)
栗沢発スポーツによる交流事業、全道各地へ普及・拡大中!第28回全道玉入れ選手権大会
展示ブースで足をとめるお客様。1階の繁盛が2階の展示コーナーへ人の流れを呼びました。
B&G大内海洋センター市民祭出展 大内B&Gセンターを知ってほしい!ミッションは市民へのセンターのPR
オープニングイベントの空手演舞。センターに練習に来ている子どもたちが披露してくれました!
子どもから高齢者まで800名が参加 体育の日に各種スポーツを体験 「瀬戸内市スポーツフェスティバル2019」
今年度配備の救助艇が水難救助に活躍 日頃の活動や「水辺の安全教室」のノウハウで人命を救う
大きいタライに移して、さつき沼に生息する生物を観察しました
自然環境保護・沼の生態系学習とともに水辺の安全を指導 ザリガニ釣り体験