B&G財団について B&G財団とは

財団紹介

B&G財団は、青い海(ブルーシー)と緑の大地(グリーンランド)を活動の場として、海洋性レクリエーションをはじめとする自然体験活動などを通じて、次代を担う青少年の健全育成と幼児から高齢者まで国民の皆様の"心とからだの健康づくり"を推進しています。

子供たちの瞳がキラキラと輝いている。若者たちが大きな夢を語っている。年齢を重ねた人たちが穏やかな笑顔で過ごしている。こんな素敵な光景が広がる未来を創造していきたい。 子供たちの瞳がキラキラと輝いている。若者たちが大きな夢を語っている。年齢を重ねた人たちが穏やかな笑顔で過ごしている。こんな素敵な光景が広がる未来を創造していきたい。

第1フェーズ:施設づくりを中心とする土台づくり

B&G財団は、モーターボート競走法20周年を記念して1973年に設立。「施設づくり」をはじめ「指導者づくり」「組織づくり」「海洋性レクリエーションの提供」を柱とする活動計画=「B&Gプラン」を基に、第1フェーズとして、活動の土台づくりを進めました。
特に、施設づくりでは 1,400億円におよぶボートレースの収益金により、全国480市町村に地域海洋センター(プール・ボートハウス・体育館)を建設し、地元自治体に無償譲渡しました。

第2フェーズ:社会情勢に対応したソフト事業を展開

財団設立から30年が経過し、少子・高齢化をはじめ青少年・親子問題や学校教育、人々の健康に対する意識など、「B&Gプラン」を推進する上での社会的な環境が大きく変化しました。創立30周年を迎えた2003年、B&G財団はこれまでの施設建設を中心とするハードから、現代の社会情勢に対応したソフト中心の事業へと大きく転換しました。
「B&Gプラン」第2フェーズでは、「スポーツ・健康・人づくり」をスローガンに、幼児から高齢者までの"健康づくりプログラム"をはじめ、学校とも連携した"水に賢い子どもを育む年間型活動プログラム"、"海洋教育プログラム"や"親子プログラム"などのソフト事業を展開しました。

第3フェーズ:スポーツ施設からコミュニティ拠点へ 多機能化するB&G海洋センター

2012年、これまでの経験を基に公益財団法人へ移行。これからの社会における課題解決に向けた新たな取り組みとして、2014年に、新5ヵ年計画『青少年の健全育成推進計画』を策定しました。新たな時代に相応しい青少年の育成とともに、地域活性化に貢献するための「地域コミュニティの活性化事業」や、家庭・経済・身体などの理由に左右されず誰もが参加できる「体験格差解消事業」などを推進し、スポーツ活動に留まらず"地域住民の皆様が気軽に集える拠点"となるB&G海洋センター多機能化に向けた各種事業をスタートさせました。
B&G財団は、これからも全国の海洋センターと海洋クラブ、市町村とのネットワークを活用し、健常者も障害者も、幼児も高齢者も、誰もが分け隔てなく一緒になって活動するインクルーシブ社会の実現に向けて、公益性の高い事業を展開します。

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、購読ボタンよりご登録ください。