あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

有事に誰もが初動対応できるように!中部ブロック指導員研修会~清須市春日B&G海洋センター


介助犬のサポート方法を実演

介助犬のサポート方法を実演

HUG(避難所運営ゲーム)の様子

HUG(避難所運営ゲーム)の様子

 

11月17日(金)午後1時から愛知県の清須市春日B&G海洋センターで中部ブロック指導員研修会を開き、障害者の安全な施設利用と避難所開設を学びました。主催はB&G全国指導者会と中部ブロックB&G財団地域海洋センター連絡協議会で、清須市社会福祉協議会から講師として麻生賀代氏、麻生幸直氏、介助犬レビンの協力を得ました。

 

参加者は中部ブロック6県の24自治体、30海洋センターから指導員など36人でした。来賓として清須市教育委員会の齊藤孝法教育長があいさつをしました。

 

今回の研修は障害者対応と避難所開設研修を柱にしたもので、熱心な指導者が印象的でした。ワークショップや実際の体験プログラムも多く用意されていたため、真剣かつ和やかな雰囲気で行われました。

 

あいさつする齊藤清須市教育長

あいさつする齊藤清須市教育長

車いすに乗り、物を拾うのもなかなか大変…

車いすに乗り、物を拾うのもなかなか大変…

 

指導員研修会は、子供たちの成長に欠かせない自然体験活動と自分の命を守る水辺の安全教育の普及を進めるにあたり、現場の指導者のより高度な資質向上を図るために開かれました。

 

B&G海洋センター体育館の168カ所が有事の際の「避難所」として指定され、災害が起きた際の初動体制は非常に重要なものとなります。このため避難所開設研修を通じて、避難所開設時の初動体制を確認し、B&G指導者の防災力の強化を図ることを目指しました。

 

2015、2016年度に、日本財団助成を受け、1泊2日の住民参加型「避難所開設訓練」を計10カ所で実施し、その内容をもとに「避難所開設マニュアル」を作成しました。本年度はマニュアルを活用してB&G指導者を対象とした、より参加しやすい90分間プログラムを基本とした研修を全国10カ所で開いており、今回は8回目となります。

 

「避難所開設マニュアル」を使い、指導者が参加しやすいよう講義と実技を90分から120分で行うコンパクトな研修会で、それぞれの地域に即した内容を盛り込んだ内容で実施しています。また「防災訓練には子供を集めにくい」という声を受け、研修会では、楽しく防災を学べるプログラムも実施し、参加者が地元で「避難所開設訓練」を開催する際、参考にできる内容となっています。

 

今回は先進的な防災に関する事例として、静岡県牧之原市の取り組みを自治体参考事例として紹介しました。

 

牧之原市の事例発表

牧之原市の事例発表

 

【実施内容】

<講義>

・避難所の初動体制について、熊本地震の状況について

<実技>

・HUG(避難所運営ゲーム)

・避難所レイアウト設計

・牧之原市アクションカードの作成と活用(事例紹介)

 

牧之原市では東京医科歯科大学救命救急センターの中島康医師が開発したアクションカードを導入しています。アクションカードは災害時に救護所開設準備などの災害対応を、誰でも、安全に、具体的に行動できるように事前に作成した「有事の際の行動指示書」です。

 

時系列に明確な行動が書かれているため、有事の際でも正確かつ早急に誰でも対応ができます。このアクションカードの作り方からメリット、カードを活用した訓練などの実施による防災意識の向上を事例発表しました。

 

参加者から障害者対応に対する感想として「車いすの体験がはじめてで大変良かった。実際の車いすとともに生活されている方の生の声を聞くのは非常に良かった」「施設が車いす利用者などへの対応を古いままにしているのではなく、職員一人一人の意識レベルを上げ、サービス向上に活かしたいと思った」と述べました。

 

避難所開設では「HUGゲームは、有事の際の想定訓練として行うことができるため、自分自身の考えの視野が広がった」「今回行った避難所開設について、当自治体の海洋センターに合った開設シミュレーションを考えていきたい」と述べました。

 

来年は小学生を主な対象とした「海洋センター防災教室」と地域住民を対象とした「防災イベント」を実施する予定にしています。


あなたへのオススメ記事

パレードでオープンカーに乗り沿道の声援に手を振る、写真左が渡部暁斗選手、右は渡部善斗選手、手前は渡部由梨恵選手。歓声の中、30分かけて500メートル先の村役場に向かいました
歓声に応えるB&G海洋センターゆかりの渡部暁斗選手と渡部善斗選手!地元の白馬村で凱旋パレード
船のデッキからイルカの群れを眺める子供たち
小学生43人全員が身を乗り出して夢中!自然体験事業「ネイチャー」イルカウォッチング
体育館内で、みんなでウォーキング講座
楽しいウォーキングで健康チェック!学業の合間に計画準備~湯前町B&G海洋センター主催
するどいアタックで得点を量産
楽しいバレーボール!小学生最後の試合で交流~水俣芦北(あしきた)地区
試合風景の様子。一打一打に集中する
スポーツ活動参加者のすそ野拡大と競技普及へ!第7回B&G財団会長杯グラウンドゴルフ大会
完成したホウキを持って、みんなで記念撮影!作成は満足の出来栄えで笑顔
身近な与論産ススキでオリジナルに仕上げた、ススキほうき作り教室