あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

【参加者募集】石狩市と滝川市のB&G海洋センターで交流事業!海レクを体験しませんか


水上スポーツの楽しさ発見!

石狩市B&G海洋センター、滝川市B&G海洋センター交流事業

日時:2018年8月1日(水)午前10時から午後3時

場所:滝川市B&G海洋センター

 

年も滝川市B&G海洋センターでは、6月から9月にかけて海洋レクリエーションの各種行事や教室、マリンスポーツフェスティバルなどを予定しています。子供たちが安心して体験でき、夏休みには親子で絆を深められるものもあります。一度、滝川市B&G海洋センターに来てみませんか。

 

今年8月1日には、石狩市B&G海洋センターのクラブ員を招いて交流事業を開催します。水上スポーツ用の屋外施設を持たない石狩市の海洋センターの子供たちにも、海洋性レクリエーションの楽しさを知ってもらおうと、職員が企画しているもので、毎年多くの子供たちが参加しています。昨年7月に開催された同事業の詳しい内容についても、別掲で紹介します。

 

写真は昨年7月26日。石狩の子供たちは1日かけて様々な体験ができ、とても充実した1日だった。今後も、海洋性レクリエーションに挑戦、体験してもらいたい

写真は昨年7月26日。石狩の子供たちは1日かけて様々な体験ができ、とても充実した1日だった。今後も、海洋性レクリエーションに挑戦、体験してもらいたい

 

【問い合わせ先】滝川市B&G海洋センター

〒073-0041  北海道滝川市西滝川10

TEL&FAX   0125-23-4194

 

《昨年の開催レポート》

石狩にはない、乗るのが待ち遠しいほど楽しんだ「海レク」

石狩市B&G海洋センター、滝川市B&G海洋センター交流事業

2017年7月26日(水)午前10時から午後3時

 

「バディ! オーッ!」番号をカウントしていく掛け声が、なかなか合わず苦戦。何度もリトライした結果、全員がピッタリと揃えることができた。突然の「バディ!」のコールにも反応できるようになった

「バディ! オーッ!」番号をカウントしていく掛け声が、なかなか合わず苦戦。何度もリトライした結果、全員がピッタリと揃えることができた。突然の「バディ!」のコールにも反応できるようになった

カヌー体験。初めは慣れないパドル操作に苦戦している子も多く、中には1人では不安で、先生とペアカヌーに乗り換えた子も。その後はリラックスして楽しそうに漕いで一安心。全員笑顔で楽しんでいた

カヌー体験。初めは慣れないパドル操作に苦戦している子も多く、中には1人では不安で、先生とペアカヌーに乗り換えた子も。その後はリラックスして楽しそうに漕いで一安心。全員笑顔で楽しんでいた

 

昨年7月26日午前10時から北海道の滝川市B&G海洋センターで、石狩市の子供たちに海洋性レクリエーションの楽しさ、魅力を実際に体験して知ってもらおうと交流事業を行いました。石狩市から25人が参加しました。

 

石狩市の海洋センターにはプールと体育館しかなく、2013(平成25)年7月から開かれているもの。普段、体験することができないカヌーやローボート、SUP(スタンドアップパドルボード)、大人気のバナナボートなどを体験しました。

 

頑張ったごほうびにバナナボート体験。最初は少し怖がっていた子も、体験してみると「もう一回乗りたい!」と言っていたほど、とても大人気。全員ずぶ濡れでも楽しかったらOK!

頑張ったごほうびにバナナボート体験。最初は少し怖がっていた子も、体験してみると「もう一回乗りたい!」と言っていたほど、とても大人気。全員ずぶ濡れでも楽しかったらOK!

 

参加者の感想

 

◇カヌーが一番楽しかったし簡単だった。(小3男子)

◇ツーリングの時、2人でまっすぐ漕ぐのが大変で帰れないかと思った。(小4女子)

◇最初は一人乗りで怖かったが、途中から後ろに先生が乗って安心した。(小5女子)

◇ローボートは皆で息を合わせて漕ぐのが大変でした。(小3男子)

◇SUPが怖くて立てなかったが、最後は立って乗ることができてよかった。(小4女子)

◇先生がSUPでヨガをしてすごかった。でも、先生が川に落ちてくれたらもっと面白かった。(小5男子)

◇バディの掛け声を皆で揃えて数字をいうのが難しかった。でも、しっかり揃った時がすごい気持ちいい。(小4男子)

◇子供たちに貴重な体験をさせていただき、私自身、とても楽しい交流になった。(女性)

 

昼休憩を挟んでローボート体験。風が弱かったこともあり、穏やかな水面でゆったりと体験した。息が合わないと真っ直ぐ進まない船なので、協調性を育むには最適

昼休憩を挟んでローボート体験。風が弱かったこともあり、穏やかな水面でゆったりと体験した。息が合わないと真っ直ぐ進まない船なので、協調性を育むには最適

SUP体験では、石狩の先生が華麗なSUPヨガを披露。子供たちは、座ったまま乗ったり、頑張って立って乗る、立つことができず必死にチャレンジしたり様々

SUP体験では、石狩の先生が華麗なSUPヨガを披露。子供たちは、座ったまま乗ったり、頑張って立って乗る、立つことができず必死にチャレンジしたり様々

 

レポーターからは「天候、気温、水温、風、全てが最高のコンディションでの交流事業となりました。初めてカヌーやローボートを体験する子も多い中、乗るのが待ち遠しいほど、楽しみにしている子が多かったのが、とても印象的でした。後半になっても笑顔が絶えない、とてもいい交流となりました」と述べました。今後も「さらに多くの子供たちに海洋性レクリエーションの魅力を知ってもらうため、次年度以降も継続事業として開催する」としています。

 

長谷部優太さん近影

 

 

 

B&Gレポーター 滝川市B&G海洋センター・長谷部 優太


あなたへのオススメ記事

ニュースポーツのカーリンコン。競技開始です
体の障害もなんのその。身障者らがカーリンコンに初挑戦!
室内のクライミング用の壁をよじ登る子供たち
チャレンジ種目と同時にクライミング体験も!平成30年度子どもチャレンジランキング大会
ちぎり絵で作った年賀状を手にする参加者の皆さん
何でもやってみるもんやねぇ~奥が深いとは思わんかった!たのしく健康講座
腹筋をしている様子
トレーニングルームから鳥海山!通いたくなるプログラムで健康寿命延ばす
真剣な卓球の試合の様子。皆さん迫力です!
スポーツに励む高齢者を増やして地域の健康促進へ~しらかば学級卓球教室
後列左端は吉田拓馬選手、右端は荒井陸選手
スペシャルゲストが基礎からゲーム形式の指導まで