事業内容を知る 水辺の安全教室

都内の小学校で児童がカヌー体験と水辺の安全を学ぶ

B&G財団では、都内の小学校を対象に「水辺の安全教室」を実施しています。この事業は、学校のプールでカヌー体験を楽しむとともに、水辺での事故を防止するための安全学習とペットボトルを使った背浮きなど、事故にあった時の対処法も学ぶもので、学校の授業やPTA活動として行っています。

学校プールを実施場所とすることで、多くの子供たちにカヌーの楽しさと水辺の安全について学んでもらうことができるのが、この事業の特徴です。

水辺での体験活動は、人間が持つ本来の五感を刺激し、学習意欲の向上や社会性や豊かな人間性の形成に有効であるとされています。B&G財団では、子どもたちが水辺での体験活動を安全に楽しむことができるよう、都内の小学校をはじめ地域海洋センター・海洋クラブを通じて水辺の安全教室を展開しています。

文部科学省土曜学習応援団!

背泳ぎの練習

  • プールサイドでカヌーの漕ぎ方をレクチャー

  • 初めてのカヌーにチャレンジ

  • 目標を決めてまっすぐ漕いでみよう

  • 初めてのライフジャケット浮遊体験

  • 「絶対浮くね」「水の中でも寒くならないね」ライフジャケットの効果を実感

  • もし海で助けを待つ場合は、集まって肩を組み救助を待とう

  • 紙芝居で海や川の危険などについても学びます

  • 着衣泳 服を着て水に落ちたらどうなるのかな

  • ペットボトルを使えば、上手に背浮きができるようになりました

参加者の感想

小学5年生 男子

カヌーは初めての体験だったけど、とても面白かったです。少し怖いけど川で乗ってみたいです。ライフジャケットはすごくよく浮きました。潜ろうと思ったけど、潜れませんでした。

小学5年生 女子

この教室以外にもカヌーの体験は家族で1度体験したことがあります。今日は、背浮きでの泳ぎ方(エレメンタリーバックストローク)を習ったのが1番楽しくて、溺れないための勉強になりました。来年もまた参加したいです。

全国での実施実績 ※B&G地域海洋センター・クラブ主催事業含む

年度 実施センター・クラブ数
(内、小中学校)
体験者数
(内、小中学校)
2010年度 348(-) 33,090(-)
2011年度 267(84) 50,252(4,215)
2012年度 399(99) 61,345(5,401)
2013年度 496(130) 65,698(6,973)
2014年度 399(111) 68,645(6,526)
2015年度 547(105) 60,757(6,551)

関連記事

お問い合わせ

B&G財団 事業部 事業課
TEL:03-6402-5313  メール:jigyo@bgf.or.jp

B&G水辺の安心教室プログラム B&G水辺の安心教室プログラム