あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

コミュニティ付加改修支援でロビーを一新 地域の憩いの場


リニューアルイベント♪ 尾道市瀬戸田B&G海洋センター 
2016(平成28)年12月10日(土)午前9時から正午

 

皆様のご協力で、とても楽しいイベントになりました

皆様のご協力で、とても楽しいイベントになりました

 

昨年(平成28年)12月10日午前9時からB&G財団の2016年度コミュニティ付加改修支援制度で生まれ変わった、尾道市瀬戸田B&G海洋センターロビーを地域住民に周知するため、リニューアルイベントを開催しました。同海洋センターのロビーは、地域のコミュニティの場として利用してほしいとの思いで、改修されました。参加者は町内から高校生、保育園児と保護者など約100人で、主催はNPO法人フレンド・シップせとだ、でした。

 

海洋センターが地域住民の憩いの場となるよう「コミュニティ付加改修支援」で、ロビーの増床工事を行い、テーブル、椅子、パーティションを購入しました。これにより以前にはすぐ帰られていた利用者も、ロビーで仲間同士の会話を楽しんでいます。

 

またジュニアバレーの子供が、練習前によく宿題をしています。改修前は長椅子しかなく、床に正座して長椅子を机替わりにしていました。改修後は「机で宿題ができる! 足が痛くない!」と、宿題がはかどって非常に喜んでいます。時には「これでドリンクバーがあったら住めるじゃんッ♪」って(笑)…本気では、困りますが。

 

園児&保護者でバルーンアート体験、園児は顔を強ばらせながらバルーンをねじねじ

園児&保護者でバルーンアート体験、園児は顔を強ばらせながらバルーンをねじねじ

 

合唱&ハンドベル演奏♪

合唱&ハンドベル演奏♪

 

 

いつでも気軽に立ち寄りたい

当日は、近隣の保育園児による合唱とハンドベルの演奏、高校生による絵本の読み聞かせ、最後に親子deバルーンアート体験を行いました。参加者から次のような感想がありました。

 

◇風船をねじるのは恐かったけど、上手にできてよかった。

◇バルーンアートを貰うだけではなく、子供と一緒に作るのが楽しかった。

◇子供の頃はジュニアバレーでよく利用していたが、ここ数年は来館することもなかった。これをきっかけに、ぜひ友達家族と利用したい。

◇ひと休みするスペースもできたので、気軽に立ち寄りたい。

 

運営したレポーターは、イベントがあり数年ぶりに来館や海洋センターの存在は知っていたが初めての方もいたことから、「いつでも気軽に立ち寄っていただき、今後も多くの地域の方々に利用してほしい」と、期待をかけています。

 

町内の高等学校、しまおこし事業部 による絵本の読み聞かせ

町内の高等学校、しまおこし事業部
による絵本の読み聞かせ

 

 

B&Gレポーター 尾道市瀬戸田B&G海洋センター・小野万喜

 


あなたへのオススメ記事

桜が満開の川にカヌーで繰り出す。赤い橋とピンクの桜、黄色いカヌーの美しいコントラスト
日本一の桜の下でカヌーに乗る極上の体験… 弘前さくらまつり2018「お花見カヌー体験」
調印式後、関係者で記念撮影しました
竹田市直入B&G海洋センター体育館が温泉施設と連携!地域の予防医療と健康づくりの拠点へ
県内外から576人が参加した「2018 桜街道・夢マラソン」。スタートの様子
隠れ名所“桜街道”の名を広め、夢ある街へ!美波町のマラソン大会「2018桜街道・夢マラソン」
参加者全員で記念撮影
守ろう!みやこの美しい海、新設ダムにいのち森を!海を守る植樹教育事業「みやこ町B&G植樹祭」
ニュースポーツコーナーでニュースポーツに挑戦する子供たち
初めてのニュースポーツも楽しめました!家族スポーツの日
AED使い方はいまだ浸透せず…多くの方に体験してほしい!普通救命講習会