あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

「また来るよ」 この祭りがベスト1


第4回舞台峠うまいもん祭  中津川市加子母B&G海洋センター
始まりは下呂と中津川市の地域活性化を目指して
2016(平成28)年9月25日(日)午前10時から午後3時

 

産直市コーナーでは採れたての新鮮野菜が盛りだくさん

産直市コーナーでは採れたての新鮮野菜が盛りだくさん

 

昨年(2016年)9月25日午前10時から岐阜県下呂市と中津川市の境、舞台峠にある中津川市加子母(かしも)B&G海洋センターで「第4回舞台峠うまいもん祭」が開催されました。主催は舞台峠うまいもん祭実行委員会で来場者は3500人でした。

 

もともと両市はB&G海洋センターを共同運営するなど連携を図っていました。両市の若者たちが中心となって、互いの強みを出し合い点と点をひとつの太い線で結び、地域の活性化を目指していこうと、このうまいもん祭がスタートしました。

 

出店は、創作料理を競う「うまいもんグランプリ」、地元のスウィーツが並ぶ「あまいもんフェスティバル」、手づくり小物やマッサージコーナー、「なんでもフリマ」などで、さまざまな趣向を凝らした店舗が並びました。

 

会場は久々の好天に恵まれ多く来場者でにぎわいました

会場は久々の好天に恵まれ多く来場者でにぎわいました

 

B&Gアリーナでは「なんでもフリマ」。手づくりのアクセサリーやおもちゃなどを販売

B&Gアリーナでは「なんでもフリマ」。手づくりのアクセサリーやおもちゃなどを販売

 

飛騨牛など地元の“うまいもん”が勢ぞろい。ヒノキ製の販売台も注目を集め た

飛騨牛など地元の“うまいもん”が勢ぞろい。ヒノキ製の販売台も注目を集め

 

 

実行委員の熱意で成功

参加者は「うまいもんのネーミングがすごく良かったと思います」「何回もイベントに参加しましたが、うまいもん祭がベスト1です」「こんなに人がいるとは思わなくてびっくりした。下呂と中津川のうまいもんを堪能できるお祭りなんて素敵すぎます! 次回は早く来たいと思います」と絶賛。その一方で、ブースの数がもっと多いほうが良かった、とより盛大にとの声も出ていました。

 

レポーターも「たくさんの来場者に『美味しかったよ』『また来るよ』と言っていただきました」「こんな素晴らしいイベントを盛大に行うことができたのは、実行委員会の皆さんの熱意があったからこそだと思います」と話しました。回を重ねるごとにもっともっと魅力あるイベントとなるよう期待を込めました。

 

パトカー&白バイの乗車体験コーナー

パトカー&白バイの乗車体験コーナー

ワンコインマッサージ

ワンコインマッサージ

 

※ 舞台峠岐阜県東部の美濃地方と飛騨地方を結ぶ街道にある峠。下呂市と中津川市の境で、要路。標高 693m

 

B&Gレポーター 中津川市加子母B&G海洋センター・安江憲

 


あなたへのオススメ記事

参加者集まれ~!皆で元気よくバタ足
あら不思議?!泳げない子をプール好きに変える魔法の教室!
身の回りのもので命を守ろう!ペットボトルでカヌーを作って試乗
集合写真(亘理町・大江町)
マリンスポーツで交流!宮城県亘理町・山形県大江町
麦わら帽子づくり。手作り感満載です
障害者と地域住民結ぶハートフルな体験「ノーマライゼーション」をB&G海洋センターで!
カヌー完成、力を合わせて作ったメンバー集合
製作に熱中!試乗体験では水辺の楽しさを感じられた
インディアカで使う羽根付きボール。これをチームで打ち合います
レクリエーションスポーツ、インディアカで体力増進と地域交流目指す