あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

谷川連峰仰ぎ 歩く楽しさ感じて 体力づくりと健康増進


一ノ倉沢あるけあるけ大会

6月11日(日)午前9時15分から午後1時

 

170616_ikoyo01

 

標高746メートルにある群馬県の谷川岳ロープウェー第3駐車場をスタートに、「一ノ倉沢あるけあるけ大会」が、6月11日に60人が参加して開かれました。みなかみ町教育委員会生涯学習推進室、同町スポーツ推進委員会が主催しました。

 

谷川の自然の中を歩くことで、歩くことの楽しさを再認識して、体力づくりや健康増進のきっかけ作りを行うもので、一ノ倉沢出合を目指して歩きました。

 

一ノ倉沢正面の岩場は、北アルプスの剱岳、穂高岳と並んで日本三大岩場として知られ、壮絶な岩壁に圧倒されます。

 

午前9時30分に出発し、約3.8キロのコースを歩き午前11時、一ノ倉出合に到着しました。昼食で約30分休憩を取り、折り返しました。全員無事に戻り、午後1時に解散しました。

 

歩き終えてから参加者に聞くと

「帰路では、野生のカモシカに遭遇!良い写真が撮れました」

「まだ雪が残っていて、雪を見ながらの食事は貴重でした」

と喜んでいました。

 

正面に見える一ノ倉沢

正面に見える一ノ倉沢

 

6月14日には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が群馬と新潟両県の利根川源流域「みなかみ」をエコパーク(生物圏保存地域)に登録することを承認しました。クマタカやイヌワシなどの希少生物が生息し、地元ではアウトドアスポーツなどに力を入れています。

 

B&Gレポーター 新治B&G海洋センター・鈴木紀哉

 


あなたへのオススメ記事

1.6キロ地点の親子で走っているランナー、そのほかの皆さん。田んぼの中を走ります
桜江町を仲間と一緒に走り初め!~新春走り初め会
スタート直後。一斉に走り出す参加者を正面から撮影。
年ごとに参加者が増える!健康と繁栄を祈願のため~ 第47回旭志元旦マラソン大会
参加者全員で集合写真
子供たちのスポーツ振興に地域のスポーツ指導者が連携!7つの競技を開催
ストーンを投げる男性
氷上カーリングの陸上版!ユニカールはチームワーク+作戦力
一般の部門の試合の様子
最後の種目だから競技者と応援、本物の盛り上がり「第12回山形地区綱引き大会」
指導にご協力いただいた福井国体2018に出場した6人のスイマー
国体選手と競泳!!生まれ変わったプールでさらに泳力アップを!