あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

スポーツの輪を広げようと半世紀以上続く!第54回「県民スポーツの日」南部地区大会


佐渡島南部3地区で9種目~佐渡市羽茂B&G海洋センターなど

2018年6月10日(日)午前8時30分から午後5時

 

ソフトバレーボールの試合の様子

 

卓球の試合の様子

佐渡市羽茂B&G海洋センターで行われた写真上はソフトバレーボール、下は卓球

 

6月10日、佐渡市羽茂B&G海洋センターなどを会場にして、第54回「県民スポーツの日」南部地区大会が開かれ熱戦が繰り広げられました。曇りで佐渡市南部地区から300人集まりました。この大会は南部3地区で会場を持ち回り、島内で10種目行っているのは、南部地区大会のみ。今回は新潟県知事選挙と重なったため、野球(一般・壮年)、男子バレー、婦人バレー、卓球、バドミントン、バスケットボール、ソフトバレーボール、硬式テニス、ゲートボールの9種目でした。

 

昭和39年の新潟国体を記念し、南佐渡における体育の振興と親睦を図り、併せて健康の増進ならびに体力の向上をめざし、地域社会の明朗化に寄与することを目的に開かれてきました。主催は佐渡市羽茂地区公民館で共催は小木地区公民館と赤泊地区公民館でした。

開会式終了後、種目ごとの会場に分かれ、佐渡市羽茂B&G海洋センターではソフトバレーボールと卓球が行われました。

 

婦人バレーボール

婦人バレーボール

 

各会場では、ポイントが決まるたびにチームで喜び合い、お互いに競い合う姿が見られました。参加者からは「年に一回、南部3地区で交流ができ、地域の活性化につながる」、「幅広い年代で参加できるので、試合をしながら、プレースタイルなど学べることが多い」、「これからも地域交流の場として、継続してほしい」、「若者のスポーツ離れを解消するためにも、次世代につながるように開催してほしい」と期待が寄せられています。

閉会式では、各種目の順位で、総合優勝が決まるため、種目ごとの結果をドキドキしながら、待ち受ける姿が見受けられました。

 

バスケットボール

バスケットボール

 

榊原悟レポーターは次のように述べて、地域交流を強調しました。

昭和39年の新潟国体を記念し、南部3地区で始めた大会も第54回となりました。9種目にそれぞれの地区から選手が集まり、熱戦を繰り広げました。天気の心配があり、屋外で行う種目の開催が危ぶまれましたが、無事にこの大会が全種目開催で終了できてよかったと思います。これからも地域の交流の場として、これからも続けていきたいと思います。

 

B&Gレポーター 佐渡市羽茂B&G海洋センター・榊原 悟

 

 


あなたへのオススメ記事

ニュースポーツのカーリンコン。競技開始です
体の障害もなんのその。身障者らがカーリンコンに初挑戦!
室内のクライミング用の壁をよじ登る子供たち
チャレンジ種目と同時にクライミング体験も!平成30年度子どもチャレンジランキング大会
ちぎり絵で作った年賀状を手にする参加者の皆さん
何でもやってみるもんやねぇ~奥が深いとは思わんかった!たのしく健康講座
腹筋をしている様子
トレーニングルームから鳥海山!通いたくなるプログラムで健康寿命延ばす
真剣な卓球の試合の様子。皆さん迫力です!
スポーツに励む高齢者を増やして地域の健康促進へ~しらかば学級卓球教室
後列左端は吉田拓馬選手、右端は荒井陸選手
スペシャルゲストが基礎からゲーム形式の指導まで