事業内容を知る 活動記録

活動記録 B&Gゆかりのアスリートも出場!

3月9日から始まった平昌冬季パラリンピック。
日本選手団は、前回ソチ大会を超える10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得するなど大活躍し、18日に閉幕しました。

本大会には、陸上競技とスノーボードの二刀流で競技を続けている、山本 篤選手(リオパラリンピック 男子走り幅跳び銀メダルリスト)をはじめ、B&Gゆかりのアスリート4選手が出場しました

大会期間中の応援ありがとうございました!

平昌パラ五輪に出場するB&G海洋センターゆかりのアスリートの皆さん

海洋センター名 選手名 種目 順位 ニュース記事 自治体の関連ページ
岩手県山田町 阿部 友里香 選手
※ボーイスカウトの活動で利用していました
クロスカントリー女子 「友里香さん頑張っているから」被災地にパワー

日本過去最高の4位 距離混合10キロリレー
阿部友里香選手(山田町出身)の平昌パラリンピック出場が決定しました
1.5kmスプリント クラシカル立位 予選敗退
7.5km クラシカル立位 13位
4×2.5km 混合リレー 4位
バイアスロン女子
6km立位 9位
10km立位 11位
千葉県南房総市千倉 石井 英明 選手
※子供の頃海洋センター利用していました
パラアイスホッケー 8位    
静岡県掛川市 山本 篤 選手
※体育館を利用していました
スノーボード男子 山本篤、冬季パラデビューは1回戦敗退「まだまだ」  
スノーボードクロス 12位
スノーボード バンクドスラローム 記録なし
富山県富山市大山 川除 大輝 選手
※体育館を利用していました
クロスカントリー男子 最年少17歳の川除大輝9位「緊張」入賞あと1歩

日本過去最高の4位 距離混合10キロリレー
 
20km フリー走法立位 9位
10km クラシカル立位 10位
1.5km スプリント クラシカル立位 5位
4×2.5km 混合リレー 4位

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。