お寄せいただいた寄付金でカヌーとヨットの体験会を実施
~障がいのある方々52人が参加~

B&G財団では、障害の有無や家庭環境などに左右されることなく、誰もが水辺の体験活動を楽しむことができる機会の提供や、水の事故から大切な子供たちの命を守る活動などへの寄附を募っています。この度、お寄せいただいた貴重な寄付金を活用し、障がい者の方々を対象としたカヌーやヨットの体験会を実施しました。

寄付金額:31件 162,338円(2015年8月31日現在) 

【 実施事業 】
事業名  B&Gカヌー&水辺の安全教室  スポーツホリデー
実施日  2015年9月6日(日)  2015年10月10日(土)
実施場所  埼玉県吉川市 吉川市民プール  兵庫県伊丹市 瑞ヶ池公園
参加者数  障がい者 23人  障がい者 29人
実施内容  流れるプールを使った水辺の安全教室とカヌーの体験会
 ※水辺の安全教室は、急な天候の変化(雨天)のため中止
 大型ディンギーヨットを使った体験試乗会
経 費  70,917円  30,177円

流れるプールを使ってカヌーを満喫「B&Gカヌー&水辺の安全教室」

 夏の日差しもようやく和らいだ9月6日(日)、埼玉県吉川市の吉川市民プールで、障害のある方々を対象とした「B&Gカヌー&水辺の安全教室」を実施しました。今回の教室には、埼玉県障害者スポーツ指導員や松伏町、八潮市のスポーツ推進委員、吉川市、松伏町の教育委員会の方々など、多くの関係者の皆さんがボランティアとして協力いただきました。
 当日の天候はあいにくの曇りでしたが、23人の障害をもつ方々が元気に参加。会場となった吉川市民プールの特徴である、S字カーブのある大きな流れるプールで、うまくバランスをとりながら、カヌーを楽しみました。
 なお、予定していました水辺の安全教室は、雨天のため中止いたしました。

画像

乗船前にパドリングを陸上で練習

画像

安全確保のため、カヌーの前後にスタッフが付きます

画像

慣れてくれば一人でチャレンジ!

画像

体験後は、スタッフとタッチ!こんな光景も目にしました

「スポーツホリデー」で5.5mヨットセーリング体験

 秋も深まる10月10日(土)、兵庫県の瑞ヶ池公園で、障害のある方々を対象としたヨット体験会「スポーツホリデー」を実施しました。今回使用したヨットは、大型の5.5セーリングカッターで、車いすのまま乗船できるように床板を設置したものです。
 瑞ヶ池は波のない閉水面なので、安全にヨット活動を実施することができます。当日は、微風で薄曇りの天気の中、29人の障がい者の方々が参加し、セーリングを楽しんでいただきました。

画像

今回、設置した床板。クッション用にマットも引きました

画像

床板を設置したので、車いすのまま乗船することができます

画像

2艇でセーリングを体験していただきました

画像

参加者からは「これからもぜひ継続してください」
との感想をいただきました

寄付に関するお問い合わせ

 〒105-8480  東京都港区虎ノ門3-4-10 虎ノ門35森ビル9F
 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 事務局
 TEL:03-6402-5310  FAX:03-6402-5315
 メール:info@bgf.or.jp