あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

水中写真でスイミングスクールの思い出づくり!


~普段、見ることのない水中の姿をプロのカメラマンが撮影~

 

スイミングスクールに力を入れている、兵庫県の芦屋市B&G海洋センター。今年2月14日から18日にかけては、練習に励むチビッ子たちをプロのカメラマンが水上や水中で撮影してくれる写真撮影会が実施されました。

 

カッコよく撮ってくれるかな? カメラマンは素潜りで撮影しています

カッコよく撮ってくれるかな? カメラマンは素潜りで撮影しています

 

スクールに通った思い出を残してあげたい!

 

プロのカメラマンに頼んで、水上の様子はもちろんのこと、普段、見ることのできない水中の表情も撮ってもらい、スイミングスクールに通った良き思い出にしてほしい。そんなスタッフの方々の願いを形にしたのが今回の撮影会でした。

 

対象は、海洋センターで実施しているスイミングスクールに通うすべての子供たち。利用者数全国1位を誇る芦屋市B&G海洋センターだけに、その数は1065名にも上ります。スタッフは1か月前から館内に案内のPOPを掲示するとともに、該当する子の家に手紙を送るなどして告知に努め、その結果、960名もの子供たちが参加することになりました。

 

撮影は、各曜日(火~土)各時間(15:15~19:30)1時間の練習のなかで行われ、2人のプロカメラマンが交代で班ごとに回り、水中写真・水上写真(1人ずつ)・班の集合写真の3カットを撮っていきました。

 

5日間で960名の子を撮影するためには、時間のロスがあってはなりません。1時間の練習の合間に1人ずつ撮影していくので、ゆっくり感想を聞く時間はありませんでしたが、子供たちからは「(カメラの前で)上手に潜れたよ!」「おめめ開けるのが、難しかった・・・!」「楽しかった!」といった声を聞くことができました。

 

カメラの前でちゃんと泳げるかな?

カメラの前でちゃんと泳げるかな?

 

◇運営者の感想

事前準備はできていましたが、当日は子供が緊張して普段できている事ができなかったり、時間に限りがあるので焦ったりといったことがありました。それも良い経験かなと思い、来年実施する前には、プール内での事前準備をさらにしっかり整えておきたいと思います。

 

芦屋市B&G海洋センター  小原玲子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あなたへのオススメ記事

服を着たままプールに入る
自分の命は自分で守る!そのために教室続ける「水辺の安全教室」プログラム(着衣泳)
オフィシャルお立ち台に立つ三人の男児
過酷な競技で感動共有!第24回 オールジャパンジュニアトライアスロンin伯耆
カヌー出艇前、早く出艇したくてウズウズ
プールでカヌーの乗り方、パドル操作を学び、いつか琵琶湖へ
剣道デモンストレーション(吉永剣道スポーツ少年団)
真上で繰り広げられる花火!大迫力の特等席~吉永町サマーフェスティバル
すっかり慣れて、オールの扱いもさまになっています。
未経験の子供たちにカヌーの楽しさ知ってもらおう!夏休みカヌー教室
SUPヨガスタート。片膝立てて、両手を挙げます
初めての感覚にワクワク!!水に浮かんで、なんと!ヨガ