あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

海洋センター(プール)すぐそば!長万部町営スキー場で雪とたわむれる!
2019冬のレクスポーツの祭典


長万部町B&G海洋センター(北海道)

 

 

手作りダンボールそり滑り「無事にゴールできるかな?」

手作りダンボールそり滑り「無事にゴールできるかな?」

 

人間ばんば=人がそりを引く、体重のバランスを考えないと…

人間ばんば=人がそりを引く、体重のバランスを考えないと…

 

子供から高齢者までを対象に、2月9日(土)午前9時から午前11時30分まで北海道山越郡の長万部町営スキー場で「2019冬のレクスポーツの祭典」が開かれました。天候は晴れで、長万部町内から50人が参加しました。冬のレクスポーツ活動推進と世代間交流促進を図るため、雪上レクの機会を提供しました。会場の長万部町営スキー場は、長万部町B&G海洋センター(プール)から歩いて1分の距離にあり、小学校のスキー学習授業でも使用されています。主催は長万部町教育委員会で、同社会教育係は6月から10月まで長万部町B&G海洋センターの運営にあたり、今回の行事も担当しています。

 

 

人間カーリング、体重の軽い子供は途中で止まることも

人間カーリング、体重の軽い子供は途中で止まることも

 

屋外なので、当然、行事の成否は天候に左右されます。昨年は「みぞれ」の悪天候で、びしょ濡れになりながら、何とか実施しました。財布の中の千円札も濡れて、「ヨレヨレ」になってしまうほどでした。今年は、昨年とは打って変わって、天候にも恵まれ、少し寒かったのですが、快晴の中で実施できました。

 

神奈川県出身の地域おこし協力隊員の松本さんは、初めて参加した感想をコメントしました。「予想以上に盛り上がり、すごく楽しかったです! このスキー場も初めてでしたが、地元にこういった場所があるのは『いいなぁ』と思います。私の地元では、人工の雪山ぐらいしかないからです。子供たちもはしゃいでいて、見ていて心が和みました。(笑)いくつになっても雪で遊ぶというのは、楽しいものだなと感じました」

 

人間ばんば(大人の部)と人間カーリングで見事1位となった地域おこし協力隊員の松本さん

人間ばんば(大人の部)と人間カーリングで見事1位となった地域おこし協力隊員の松本さん

 

レポートした工藤貴司さんは「今年は、参加者集めに苦慮しました。例年、『手作りダンボールそり滑り』に参加している静狩小学校の皆さんが、行事の重なりで不参加となり、今年は痛かったです。これからも、もっと多くの方が参加いただけるように、創意工夫していきたいと思います」と語っていました。

 

 

B&Gレポーター 長万部町B&G海洋センター・工藤 貴司 


あなたへのオススメ記事

さあ、リズムに合わせてエクササイズ、スタート
1時間で800kcalを燃焼!!ジャザエクサで心も体もリフレッシュ!ジャザサイズ教室
ルーシーダットンはタイに伝わる健康法
独自の呼吸法で血流上げ、仙人のような?!しなやかな体に
ルーシーダットン教室
ゲームを使用して運動しているところ
“eスポーツ” 次世代型運動プログラムをゲームで代行 不思議な一体感
家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室
優勝チームの記念撮影
ママさんバレーを生涯スポーツへ 9人制・男女混合も出場
第2回B&G財団会長杯争奪ファミリーバレーボール大会
みんなで腰掛けキック
園児と小学生115人 できる喜びと楽しさを感じてほしい 小坂井水泳教室
ロープワーク講習では、徳島県B&G地域海洋センター連絡協議会の指導者3人が講師となった
全員参加型、三世代でロープワークから障がい者スポーツ体験まで
那賀よしフェスティバル2019