あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

スマート回廊の魅力を体感!徳島に知り合いができた気分


男女30人夏物語

~スマート回廊de那賀町体験編~

 

川の上から真下に浮かんでいる色とりどりのカヌーを空撮

ドローンで空撮

かんなで木を削る男性

箸づくり体験

 

徳島県を流れる那賀川にある川口ダム湖周辺(スマート回廊)で、7月23日に「男女30人夏物語」スマート回廊de那賀町体験編が開かれました。那賀町の観光、移住、地域おこし協力隊の枠を超えて、それぞれの課題の解消と目標に向けてツアーを企画しました。東京や北海道など全国各地から20代の若者を中心に集まった23人が、自然豊かなダム湖畔でSUP(スタンドアップパドルボード)やカヌー体験、my箸づくりなど那賀町をたっぷりと体感しました。

主催した徳島県那賀町移住交流支援センターとスマート回廊地域創造事業実行委員会に、那賀町鷲敷B&G海洋センターや徳島県B&G

地域海洋センター連絡協議会などが協力しました。

 

川上でカヌーを楽しむ参加者の皆さん

カヌーを楽しむ

会場エリアの全体の風景

会場の全体

 

那賀町の川口ダム湖周辺地域は「川口ダム自然エネルギーミュージアム」を核にして「スマート回廊」と名付けられ、集客などの取り組みをしています。美術館や、もみじ川温泉、農産物直売所、あいあいらんど、あすなろカフェなど魅力的な施設が揃っています。

 

当日は天気がよく暑かったため、水辺での活動にはもってこいでした。参加者はツアーの途中からカヌー体験、SUP体験、木頭杉(きとうすぎ)箸づくり体験の3コースに分かれました。B&Gの指導者はカヌー体験を担当して、初心者ばかりでしたがうまく乗れていました。

 

那賀町は徳島県版ドローン特区として、その活用に力を入れています。今回のカヌーやSUP体験の風景も空撮し、画像データを提供しました。

 

陸上で説明を受ける参加者のみなさん

カヌー、SUPの乗り方を説明

 

参加者は「那賀町の自然を満喫できた」、「徳島に知り合いができた気持ちになった」、「料理もうまかったし、この料金でこの内容はお得すぎる。いい人ばかりでした」などもろ手を挙げていました。

 

日下和穂レポーターは「今回はフェス来場者をメインターゲットにしたこともあり、若くてアクティブな参加者が多かったため、水辺の活動はとても楽しんでいただけました。町の魅力の一つとして、自然を生かしたカヌーやSUP体験をこれからも精力的に頑張っていきたいと思います」と述べました。

 

今回の企画は、①観光でスマート回廊の認知度を高め、那賀町のリピーター獲得、②移住では、県内外の方に町の魅力を伝え、関係人口の増加につなげ将来的な移住につなげる、③地域おこし協力隊の活動を知ってもらい隊員応募につなぐこと――を目指したものです。

 

今回、徳島を代表するロックバンドで、今夏惜しまれつつ解散することが決まったチャットモンチーの最後の演奏となるロックフェス『チャットモンチーのこなそんフェス2018~みんなおいでなしてよ~』の翌日に、ツアー日が設定されました。

 

チャットモンチーメンバーのお店OLUYO(徳島市)で、那賀町地域おこし協力隊がドローンやSUPのイベントをお手伝いした縁もあって、今回フェス参加で徳島に来訪された方々に、もう一日観光・体験をして帰ってほしいと考えました。夏の那賀町へぜひお越しください。

 

レポーターの日下和穂さん近影

 

 

 

B&Gレポーター 那賀町鷲敷B&G海洋センター・日下 和穂


あなたへのオススメ記事

発砲スチロールでできた細長い棒状の浮き具であるアクアヌードルを持って集合写真
平日の教室で悠々!でも動きは「キツイ、しっかり効く」~水中ウォーキング
浅い幼児用プールで泳ぎを習う子供たち
幼児から高齢者まで健康増進へ!自分に合ったコースを選ぶ~水泳教室
紅葉が始まった海洋センターの庭で行われた婚活イベント「天婚」
独身者に朗報!!海洋センターでも探せる未来の奥様、旦那様~第3回天婚
色とりどりの光に包まれた幻想的なプールに変身
見違える光の幻想!大郷町プチ・ナイトプール
植樹の作業中
植樹で学ぶ「海を守り、生命を守る」つながり~平成30年度B&G「海を守る植樹教育事業」植樹祭
体育館内でのビーチバレーボールの試合の様子
今年は対戦相手を当日くじ引き!やっても見ても楽しい試合