あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

自分の命は自分で守る!そのために教室続ける「水辺の安全教室」プログラム(着衣泳)


もしものときの対処法を学ぶ ~遠別町B&G海洋センター

2018年8月21日(火)午後4時から午後5時

 

服を着たままプールに入る

服を着たままプールに入る

25メートルプールを歩いて往復してみる。体が重いことを実感

25メートルプールを歩いて往復してみる。体が重いことを実感

 

8月21日、北海道の遠別町B&G海洋センターで「水辺の安全教室」プログラム(着衣泳)が開かれました。背浮きやライフジャケット浮遊体験、身の回りにある浮くものを利用した落水時の対処法などの実体験を通じて、水辺で安全に活動できる知識や技能を身につけました。参加者は平成30年度ジュニアスイミングスクールに通う生徒が対象で、遠別町立遠別小学校の男子16人、女子12人の計28人でした。遠別町教育委員会が主催し、遠別海洋クラブの共催でした。

 

着衣泳、ライフジャケット浮遊体験などを説明

着衣泳、ライフジャケット浮遊体験などを説明

 

着衣水泳を通して、衣服を着て泳ぐときと普段泳ぐときの身体の使い方の違いを体験し学ぶことができました。ライフジャケットの浮遊体験では、簡単に浮くこと、体温保持の効果も実感しました。ちょっと苦手そうな子供でも、こつをつかめばすぐ浮けるようになりました。より多くの子供たちに「水辺の安全」を学ぶ機会を増やすとともに、水辺の活動の楽しさも伝えました。

 

参加者は「服を着たまま水に入ると重かった。泳ぎづらい。これからは、落ち着いて行動できると思う」、「ライフジャケットを着たのは初めてだったけれど、すごく浮いて楽しかった」と述べ、体験に勝るものはないようです。

 

ライフジャケットを着て、いろいろな泳ぎ方をした

ライフジャケットを着て、いろいろな泳ぎ方をした

 

藤岡章レポーターは「教室を継続することで、もしものときに適切な対応が地域に広がってほしい。子供たちには、水の事故から身を守るための知識と技術を身に付けてもらうのはもちろん、“自分の命は自分で守る”という意識を高めてほしい」と指摘しました。

 

B&Gレポーター 遠別町B&G海洋センター・藤岡 章


あなたへのオススメ記事

ニュースポーツのカーリンコン。競技開始です
体の障害もなんのその。身障者らがカーリンコンに初挑戦!
室内のクライミング用の壁をよじ登る子供たち
チャレンジ種目と同時にクライミング体験も!平成30年度子どもチャレンジランキング大会
ちぎり絵で作った年賀状を手にする参加者の皆さん
何でもやってみるもんやねぇ~奥が深いとは思わんかった!たのしく健康講座
腹筋をしている様子
トレーニングルームから鳥海山!通いたくなるプログラムで健康寿命延ばす
真剣な卓球の試合の様子。皆さん迫力です!
スポーツに励む高齢者を増やして地域の健康促進へ~しらかば学級卓球教室
後列左端は吉田拓馬選手、右端は荒井陸選手
スペシャルゲストが基礎からゲーム形式の指導まで