あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

自然と動物が和気の魅力!「カヌーで遊ぼう 馬と遊ぼう エンジョイin和気」


和気町佐伯B&G海洋センター

2018年5月21(日 )午前10時から午後3時

 

乗馬を楽しむ少年。極上の笑顔がまぶしい。

乗馬を楽しむ少年。極上の笑顔がまぶしい。

 

自然豊かな和気町で、動物と触れ合い、自然と触れ合って、より多くの人に町の魅力を知ってもらおうと、岡山県の和気町教育委員会などは、5月27日、カヌーと乗馬をセットにした体験型イベント「カヌーで遊ぼう 馬と遊ぼう エンジョイin和気」を開催しました。会場となった和気町佐伯B&G海洋センターには、県下各域から約60人が訪れ、初夏の和気町を堪能しました。

 

吉井川でカヌーを体験する参加者

吉井川でカヌーを体験

 

初夏の吉井川でカヌー遊びをし、乗馬の体験や動物と触れ合って、和気町の自然を一挙にまとめて楽しめる企画です。初開催の昨年度は小規模でのスタートでしたが、今年は、内容を充実させ規模も拡大。カヌーは海洋センターのインストラクターが、乗馬は、地元で乗馬の体験事業を営むハッピーホースファームの外乗担当職員が、それぞれレクチャーするので、未経験者も大歓迎とし、世代を問わずだれでも気軽に参加できるものにしました。

 

カヌーに挑戦している親子の画像

わずかな時間でも、上達が早い!

 

この日は、朝から快晴で気温も高く、絶好のイベント日和でした。

熱中症対策が不可欠となるほどで、各自での十分な水分補給と、テントや木陰での適宜休憩をお願いして、プラグラムを開始しました。乗馬やカヌー体験では、一度に体験できる人数の制限を余儀なくされますが、参加者の方々みずから協力し合い、快く譲り合っていただいて、主催者側の指示や調整が不要なほどでした。

 

「カヌー最高!!」青年は、両手を挙げてアピールしてくれた

「カヌー最高!!」青年は、両手を挙げてアピールしてくれた

 

イベントには、地元・和気町だけでなく、岡山県のいろいろな地域から男女60人が集まってくださり、大賑わいでした。

「何が一番楽しかったですか?」と問いかけると、間髪入れずあちこちから「全部です!」との回答。企画内容についても、「なかなか体験できないことを一度に体験できて、素晴らしいイベントでした」、「参加料以上の体験をさせてもらえて、うれしかった」など、高評価を多数いただきました。「来年もあれば、ぜひまた参加したい」と、はやくもリピーター宣言まで飛び出すほどでした。

 

山々と川と馬たち

雄大な山々に囲まれたのどかな町、岡山・和気町

 

レポーターは、「イベント全体を通して、みなさんとても楽しまれていたように感じました」と総括。さらに、「乗馬やカヌー体験では、乗馬やカヌー体験には、一度に参加していただける人数に限りがありましたが、主催者側からお願いせずとも、みなさん快く譲り合っていただいて、スムーズに進行することができました。まさに、会場の全員で作り上げたイベントだと思います」と、マナーの良さを強調していました。

 

B&Gレポーター 和気町佐伯B&G海洋センター・小笠原 將貴


あなたへのオススメ記事

大きな木に囲まれ自然と一体になる!神社で外ヨガ「ますますハマりそう」
強風の中で挑んだOPヨットの訓練
強風・白波の中でもOPヨットやカヌーに果敢に挑戦!「リーダー養成研修会」
親子で協力しながらテントを設営
大自然の中で最高の休息!「親と子のふれあいキャンプinくしもと」
乗馬を楽しむ少年。極上の笑顔がまぶしい。
自然と動物が和気の魅力!「カヌーで遊ぼう 馬と遊ぼう エンジョイin和気」
1人用のカヌーに乗った6人の人々が川面に浮かぶ
身障者もシーカヤックに挑戦!みんなで共に水を満喫
写真は昨年7月。カヌーの基本操作を学んだ子供。カヌーを近づけるのは、なかなか難しかったよう
【参加者募集】B&Gでカヌー技能検定に挑戦してみませんか!!夏休みカヌー教室