あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

大人と子供の垣根を越えて、スポーツと文化で交流!みんなでスポーツ&カルチャー


大船渡市三陸B&G海洋センター

2018年4月5日(木)~2019年3月21日(木)、月2回(第1・第3)木曜日に開催

 

大人も一緒に、トランプ「大富豪」で真剣勝負!

大人も一緒にトランプ「大富豪」で真剣勝負!

 

岩手県の大船渡市三陸B&G海洋センターは、4月5日、スポーツや文化活動を通して大人と子供が交流できる「みんなでスポーツ&カルチャー」を、2018年度の通年事業としてスタートさせました。バスケットボールや体操、かるたや竹とんぼなど動と静を組み合わせた独自のプログラムに大人と子供が一緒に取り組む教室で、来年3月21日まで月2回、計24回開催の予定です。

 

体育館でバスケットボールのドリブル練習の様子

体育館でドリブルの練習

 

インターネットの普及やゲーム機、スマホゲームといった室内型のゲーム遊びが急速に拡大している影響などにより、近年、外遊びや昔の遊びを知らない子供たちが増えているのが実情です。

大船渡市三陸B&Gセンターではこうした状況に疑問を呈し、大人と子供が交流できる場をつくることで、古き良き遊びの継承を進めるとともに、様々な運動や遊びを通じて異世代間の情報交換をさかんにしていこうと、この企画を立案しました。

 

バスケットボールで、大人であるコーチに子供たちが挑戦

バスケットボールでコーチに挑戦

 

受講者は小学生から70代くらいまでと、年齢層が幅広いため、教室では今昔のいろいろな“流行り遊び“が飛び交っています。コマ回しや竹とんぼなど昔の遊びでは大人から子供に作り方や遊び方を伝授する一方で、現代の遊びでは子供たちが大人を率いる場面も見受けられるなど、双方向型のコミュニケーションが図られています。

 

また、スポーツでは、単純に競技に取り組むだけでなく、子供が大人に立ち向かっていく「大人に挑戦」のようなゲームを導入して、盛り上がりを工夫しています。どの活動でも、子供たちの勝負にこだわる姿勢は強力で、トランプなどでは、のみ込みが早い子供たちに、大人が負けてしまうこともしばしば。大人たちも孫のような世代の子供と真剣に戦い、「負け」の悔しさを味わうことでリベンジを誓って奮起する――。こうした微笑ましい一幕が毎回、繰り広げられています。

 

4月5日に行われた初回の講座には、大人・子供合わせて約10人が参加。顔合わせをして活動がスタートしました。トランプの「大大富豪」では、予想通り?大人が惨敗しましたが、室内にはにぎやかな声が響き、参加者の笑顔がはじけていました。

 

レポーターは、講座の意図について「テレビゲームに慣れてしまっている今の子供たちにとって、昔の遊びは逆に新鮮に感じるだろうし、大人には童心に帰る機会になるのではと思います」と説明。さらに、内容については「受講者の意見を聞き、随時新たな遊びを取り入れるなど中身も変化していくので、飽きのこない教室です」と力を込める。「もっと受講生が増えれば盛り上がるでしょうから、引き続き参加者をお待ちしています」と追加受講を呼び掛けています。

 

みんなで一緒に「七並べ」

みんなで一緒に「七並べ」

 

「みんなでスポーツ&カルチャー」については、追加の受講を受け入れています。詳しくは、大船渡市三陸B&G海洋センター(℡ 0192-42-3201)まで。

 

B&Gレポーター 大船渡市三陸B&G海洋センター・新沼 真介


あなたへのオススメ記事

室内のクライミング用の壁をよじ登る子供たち
チャレンジ種目と同時にクライミング体験も!平成30年度子どもチャレンジランキング大会
ちぎり絵で作った年賀状を手にする参加者の皆さん
何でもやってみるもんやねぇ~奥が深いとは思わんかった!たのしく健康講座
腹筋をしている様子
トレーニングルームから鳥海山!通いたくなるプログラムで健康寿命延ばす
真剣な卓球の試合の様子。皆さん迫力です!
スポーツに励む高齢者を増やして地域の健康促進へ~しらかば学級卓球教室
後列左端は吉田拓馬選手、右端は荒井陸選手
スペシャルゲストが基礎からゲーム形式の指導まで
「とれたよ」大きなお芋に喜ぶ6歳女児
たっぷり秋!6歳から76歳、収穫の喜びはみんな一緒~いもほりウォーキング