あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

日本一の桜の下でカヌーに乗る極上の体験… 弘前さくらまつり2018「お花見カヌー体験」


弘前市B&G海洋センター

2018年4月28日(土 ) 午前6時30分から午前7時30分

 

桜が満開の川にカヌーで繰り出す。赤い橋とピンクの桜、黄色いカヌーの美しいコントラスト

桜が満開の川にカヌーで繰り出す。赤い橋とピンクの桜、黄色いカヌーの美しいコントラスト

 

青森県弘前市で4月21日-5月6日にかけて開かれた弘前さくらまつり2018で、弘前市B&G海洋センターの職員が講師を務めたスポーツイベント「お花見カヌー体験」が大きな人気を集めました。弘前公園に咲き誇る美しい桜を眺めながら、公園西濠のボート乗り場でカヌーに挑戦するこのイベントは、まつり期間中、7日間(7回)実施、どの回も10人の定員が満員となる大盛況ぶりでした。

 

ペア・カヌー体験の参加者の皆さん。

ペア・カヌー体験の参加者の皆さん。

 

今年で4回目となる「お花見カヌー体験」は、弘前市体育協会の主催。弘前市B&G海洋センターの指導者会が、体験会の実務とカヌーのインストラクターを務める形で協力しています。ペアカヌー(2人乗り)とシングルカヌー(1人乗り)の2種類で、4月21日、22日、24日、26日、28日、5月5日、6日の計7回、毎回午前6時30分から約1時間、体験乗船を行いました。

 

4月28日には岡本レポーターがインストラクターを務めました。当日は、小学生から社会人まで12人が参加し、レポーターは主にペアカヌーで初心者の指導にあたりました。満開シーズンが終わり、散り始めとなった弘前公園の桜でしたが、それでもまだまだきれいな花が残っていました。

 

特に、舞い散ったピンクの花びらが水面に浮かび、その上をカヌーで通過した時の光景はとても印象深く、この時期ならではの体験だったといえます。天候も良く、早朝の太陽の光が桜と重なり、極上の景色をめでる体験会となりました。

 

カヌー経験者はシングルカヌーを選びます。シングルでカヌーに乗る楽しそうな参加者の皆さん。

カヌー経験者はシングルカヌーを選びます。

 

参加者からは「桜が咲いている中でのカヌー体験は最高でした。今年で3回目の参加ですが、弘前らしいアクティビティーだと思います。来年もぜひ参加したいし、これからも長く続けてほしいです」と、指導者みょうりに尽きる感想をいただきました。

 

水面に桜の花びらが浮かんでいます

水面に桜の花びらが浮かんでいます

 

レポーターは「今年で4回目を迎えたお花見カヌー体験ですが、早朝の開催であるにもかかわらず、年々リピーターが増え、申し込みをお断りしているケースもあるほどです」と盛況ぶりに、嬉しい悲鳴を上げています。「満開の時期だけではなく、咲き始めから満開、さらには葉桜まで様々な桜の景色が楽しめるのも、この体験会の魅力の一つです」とアピールポイントを強調し、最後に笑顔でもう一言。

「日本一の桜の下でカヌーを乗る。とてもプレミアムな体験ですよ」

 

B&Gレポーター 弘前市B&G海洋センター・岡本 周平


あなたへのオススメ記事

ルーシーダットンはタイに伝わる健康法
独自の呼吸法で血流上げ、仙人のような?!しなやかな体に
ルーシーダットン教室
ゲームを使用して運動しているところ
“eスポーツ” 次世代型運動プログラムをゲームで代行 不思議な一体感
家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室
優勝チームの記念撮影
ママさんバレーを生涯スポーツへ 9人制・男女混合も出場
第2回B&G財団会長杯争奪ファミリーバレーボール大会
みんなで腰掛けキック
園児と小学生115人 できる喜びと楽しさを感じてほしい 小坂井水泳教室
ロープワーク講習では、徳島県B&G地域海洋センター連絡協議会の指導者3人が講師となった
全員参加型、三世代でロープワークから障がい者スポーツ体験まで
那賀よしフェスティバル2019
ドッジボール競技中、日々の練習成果を発揮するよう頑張る
児童数が少ない状況でも誰もが参加できるドッジボール
第30回B&G会長杯蔵王町民スポーツ交流大会