「天城町リニューアル式典」~鹿児島県の離島、徳之島より~


奄美群島に属し、九州と沖縄本島の間に位置する徳之島。きれいな海と闘牛で有名ですが、実は徳之島空港の愛称が「徳之島子宝空港」と呼ばれるほど、合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の数の平均値)が全国でもトップクラスで、長寿の島としても知られています。

 

たくさんの子供やお年寄りが元気で暮らす、そんな徳之島の天城町で行われた海洋センター体育館のリニューアル式典に行ってきました。

 

 天城町町長のあいさつ。当日の式典の様子です


天城町町長のあいさつ。当日の式典の様子です

 

多くの老若男女な地元住民が参加! 

2017年2月19日(日)、新しく生まれ変わった体育館のお披露目として、天城町B&G海洋センターのリニューアル式典が行われました。

 

今回のリニューアルでは、塩害によって腐食が激しい屋根・床・壁等の全面改修工事を行い、ロビーにはボルダリングも設置され、子供たちの恰好の遊び場となっています。

 

当日は、式典のほかに多くのイベントも併せて開催。地元のスポーツ少年団などに所属する小学校から高校までの子供たちが数多く参加したほか、式典運営のボランティアとして、子供たちがお手伝いをしている姿もとても印象的でした。

 

また、式典前に行われた「健康まつり」には地元のお年寄りの方が多く訪れ、自身の健康チェックも兼ねながら身体づくりに励んでいました。

 

 体育館ロビーで地元の中学生が受付のお手伝い。その後ろでは子供たちがボルダリングで遊んでいます


体育館ロビーで地元の中学生が受付のお手伝い。その後ろでは子供たちがボルダリングで遊んでいます

 

 

「京都サンガFCコーチ」による記念イベントの開催

リニューアル式典の目玉イベントとして行われたのが、現役のサッカーコーチである「京都サンガFC」の福中善久氏による記念講演とトレーニング指導です。

 

幼稚園生から高校生まで100名を超える地元の子供たちが参加し、プロ直伝のトレーニングを楽しく受講。最後にはサッカーのミニゲームも行われ、どのコートも白熱した試合が行われました。終始子供たちの笑顔あふれる記念イベントとなり、今後も新しくなった体育館をたくさん利用してほしいなと思います。

 

 子供たちは仲良くサッカーを楽しんでいました


子供たちは仲良くサッカーを楽しんでいました

 

天城町B&G海洋センターの周辺には他にもたくさんのスポーツ施設があるため、地域一帯が住民のスポーツと健康づくりの拠点になっています。また、年間を通して実業団や部活動の合宿にも多く使われており、地元住民にとどまらず、各地から訪れる多くの方のスポーツの場として貢献していることを強く感じました。

 

天城町を訪れると、どんな人でもあたたかく歓迎してくれる地元の方々の姿があります。そんな素敵な風土を持っている天城町にとって、これからも天城町B&G海洋センターが地元住民の「憩いの場」となってくれることを願っています。

 

 外壁もきれいに塗装され、子供たちは嬉しそうに体育館へ足を運んでいました


外壁もきれいに塗装され、子供たちは嬉しそうに体育館へ足を運んでいました

 

 

—————————————————————————–

B&G財団では、児童養護施設・ひとり親家庭の子供たちの体験活動へのご支援をお願いしています。
寄付の方法について 詳しくはこちら をご覧ください。
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

 

 


事業部 海洋センター・クラブ課 藤田 有里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事