【B&G職員リレートーク】見直したい地元の魅力


総務課の中島です。

みなさんは「地域ブランド調査 都道府県魅力度ランキング」をご存知でしょうか。

 

これは年に一度、ブランド総合研究所がインターネットによるアンケート調査によってまとめているものですが、私のふるさと「群馬県」は常に最下位争いを演じています。

 

ちなみに、最下位の競走相手はいつもお隣の栃木県とそのまたお隣の茨城県。両県出身の同僚と飲みに行った際には、決まってこんな話題になります。

 

「茨城には、栃木や群馬にはない海がある!」「栃木には世界遺産の日光東照宮があるよ」「世界遺産なら群馬にだって富岡製糸場がある」・・・どんぐりの何とやら、ですね。

 

そんなことから、今回は「地域の魅力」について少し考えてみたいと思います。

 

 雄大な景色が広がる浅間山周辺。群馬県が誇る日本屈指の火山です


雄大な景色が広がる浅間山周辺。群馬県が誇る日本屈指の火山です

 

 

ランキングは低くても見方を変えれば・・・

 

毎年、このランキングで群馬県は45位~47位を行ったり来たりしていまが、群馬県ってそんなに魅力がないのでしょうか。群馬県の名産品や有名なものを挙げてみると、温泉(草津温泉、伊香保温泉など)、下仁田ネギ・こんにゃく、浅間山、ぐんまちゃん(ゆるキャラ)があり、企業にしてもヤマダ電機、富士重工業(本社東京)、ワークマンなどがあって、広く知られているものも少なくありません。

 

また、群馬県は古くから交通の要衝として知られ、現在も高速自動車道(関越、上信越、北関東)や在来線の他に新幹線(上越、北陸)が開通しており、交通の便は他の多くの県に比べ発達しています。そのため、年間の観光入込客数(国土交通省調べ)も例年全国で15位前後と、観光だけを見てみれば決して魅力がないわけではありません。

 

ところが、知人にこんな質問してみると・・・

私:「北海道をイメージして思いつくものは?」※北海道はいつもランキング1位(涙)

知人:「海産物とか農産物、それから雪まつり」

私:「じゃあ、群馬県は?」

知人:「うーん・・・、(しばらくして)総理大臣になった政治家が多いとか」

私:「・・・・」

 

「北海道=海産物・農産物」といった明確なイメージがあるのに対して、「群馬県=〇〇」というイメージがあまりわかないようなのです。地域ブランド調査は、魅力度、認知度、情報接触度など、様々な要素からランキングを決定するようなので、都道府県がどのように認知されているのかが大きなカギとなります。個人が抱くイメージは、その場所を訪れた際の体験はもちろんですが、様々なメディアを通じて日々発信されている情報などにより形成されていく場合が多いと思うので、メディアにあまり取り上げられない県はその魅力を伝えきれず、良いイメージを抱いてもらえない(知らない・イメージがわかない)のかも知れません。

 

しかし、魅力度ランキングが低い群馬県でも、今述べたように実は観光客が多かったりすることを考えれば、見方を変えることで自分が住んでいる地域に人々を引きつける力があることが見えてきます。それは、その地域ならではのものであり、全国的にはまだ認知されていないものの何らかの魅力があるわけです。

 

 伊香保温泉の街並み。観光客の数だけ見れば、群馬県は全国上位にランクインしています


伊香保温泉の街並み。観光客の数だけ見れば、群馬県は全国上位にランクインしています

 

知らなかった地元の魅力を見つけよう!

 

物事は見方を変えることで違った側面が見えてきます。いつもとは違った目線で慣れ親しんだ地元を眺めてみれば、実は自分達でも分かっていなかった魅力がまだあることに気づくものです。その魅力を様々な方法を通じて積極的に発信し、より多くの人に知ってもらうことが、これからの地方の発展に必要なことであり、結果的に全国的な認知度(魅力度ランキングなど)も上昇していくのだと思います。

 

先日、普段はあまり関心を寄せていなかった「地元の魅力」について、再発見する機会がありました。私の出身地は利根川の源流にあり、夏はラフティングやカヌー、冬はスキーなどができる自然豊かな場所です。そこに温泉もあることは知っていましたが、観光マップを手に取って眺めてみると、実に18もの温泉郷が町中に点在していました。温泉好きな人なら知っていたのでしょうが、その魅力にあまり関心を持たずにいた私だったのです。

 

ですから、皆さんも今一度、これまでとは違った目で自分の地元を見てみたらいかがでしょうか。魅力度ランキングには表れない、ちょっと驚くような魅力が見つかるかもしれません。

 

ちなみに、私の出身は群馬県みなかみ町です。最後は、地元の宣伝も兼ねさせてもらいました。魅力あるきれいな町ですので、皆さん是非お越しください!!

 

 みなかみ町のスキーゲレンデ。スノボーに夢中で温泉にはあまり関心のない私でした!


みなかみ町のスキーゲレンデ。スノボーに夢中で温泉にはあまり関心のない私でした!

 

 

—————————————————————————–

B&G財団では、児童養護施設・ひとり親家庭の子供たちの体験活動へのご支援をお願いしています。
寄付の方法について 詳しくはこちら をご覧ください。
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

 

 


総務部 総務課 中島 博臣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事